フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

みきの心録(ココログ)

2010年9月 6日 (月)

「死」について想う

昨年、大好きだった私のおばあちゃんが天国へ行きました。

今年、私の母が癌になりました。(今も治療中)

。。。。。

 

先日、うちの次男ふうたのお散歩仲間のたいちくん(フレンチブルドッグ)が虹の橋を渡られました。

そして、同じお散歩仲間のメリーちゃん(犬種不明・雑種)は先日手術を受け退院し、元気そうに見えるけど、飼い主さんの話では状態が思わしくないとか・・・

 

なぜか最近、私の身近で亡くなられたり重い病気になったりする人やわんちゃんが続出し、少し気持ちが沈んでいた矢先に、またまた大切な友人が重い病で入院することに。

 

心が締めつけられる思いです。

 ↓↓↓

続きを読む "「死」について想う" »

2010年8月31日 (火)

ふくたに完敗!

ふくたが言う。

「ママ、世の中にこんなに仲の悪いお父さん、お母さんて、いるんかな?」

「ブーッdash

 

思わず吹いてもうたわ。
一生懸命仲の良い家族をやってきたつもりやったけど、仮面夫婦やいうこと、とうにバレとるがな。

ふくた、12才。

最近のふくたのツッコミは強烈でおもろい!

↓↓↓

続きを読む "ふくたに完敗!" »

2010年8月12日 (木)

言い訳って・・・

「『走る時間がない』というのは言い訳。時間は作ろうと思えばいくらでも作れる。」

 

と、あるベテランランナーの方がおっしゃったのですが・・・

すみません。お言葉返すようですが・・・

 

意味わかりません!

 

これは私が以前、「子育て中の主婦の私にはなかなか理想どおりのトレーニングをやるのは難しいです」と言ったことに対する戒めのお言葉(?)のようなのですが、

私、「時間がない」 とはひとことも言ってません。

 

「フルタイムで仕事をしながらランニングもやってる主婦の○○さんは偉い」

ともおっしゃっていました。

確かに、フルタイムで仕事をして、家事もこなして、趣味のランニングの時間も確保するにはかなり時間の使い方を工夫しなければ難しいし、それができている人はすごいと思います。

でも、専業主婦の私にわざわざそんなこと言うのは嫌味としか思えません。

 

まあ、仕方ないかも。
昭和の時代までは、男性は仕事さえちゃんとやっていれば家庭のことは放ったらかしで好きなことしてても許され、女性が家事育児を全て担うのが当たり前の時代。
年配の男性には育児というものがどういうものかもわからない。
「専業主婦は楽、仕事を持つ主婦は大変」 という単純な考えになるのも当たり前なんでしょうね。

 

「時間」だけの問題じゃないんですけどね。。。。。

 

 

 

私たち市民ランナーは仕事で走っているのではありません。
走ることで生計が成り立つわけじゃないし、単なる趣味なのだから、走ることは自己満足以外の何物でもないでしょう。

なんで 「走れない言い訳」 をする必要があるのでしょうか?

 

 

私がもし実業団選手でお給料をもらって走っているのならば、少々他のことを犠牲にしてでも一生懸命走るでしょう。
所属する企業の一員としての責任もあるけど、それより何より自分が養う家族のため、大事な子供のため、必死に走ると思います。
それこそ「走れない言い訳」などしてる場合ではありません。

 

だけど、私の本業は主婦。
ランニングはただの趣味。
主婦が趣味を持つには家族の理解も必要です。
たとえ理解はしてくれていても、私が走ることで喜ぶ人は誰ひとり居ません。
あまり詳しいことはブログには書けないけど、家庭にはいろいろ事情を抱えていて、本当は家族にとって何の役にも立たない趣味などに興じている場合ではありません。

 「ママだってたまには息抜きしたいし・・・」

 「いつもストレス溜めて機嫌悪いママより、元気で生き生きしてるママのほうがいいでしょ」

な~んて、私の場合は

「走れない言い訳」 どころか逆に

 

「走る言い訳」

 

をしなければなりません。

 

 

ランニングを趣味にしている市民ランナーにはいろいろな立場の人たちがいるし、走る目的も、「健康のため」、「自己実現のため」、「同じ趣味を持つ人たちとの交流のため」、など様々。
大きな目標に向かって必死で頑張っている人もいれば、気が向いた時だけ気楽に走っている人もいます。

その人たちにはそれぞれの仕事や家庭や健康の問題など、様々な事情や背景があり、生活の中における、また人生におけるランニングの位置づけも人それぞれです。

 

ランニングに対する自分の意見を公の場で発することは自由だと思いますが、特定の相手に対して、その人の事情もよく知らずに、自分の意見を押しつけるのは良くないですね。

 

私も気を付けようと思った一件でした。

人気ブログランキングへ ← 今日も応援のポチッとよろしくね。

2010年7月30日 (金)

勘違い、行き違い

 「我が巨人軍は○○に不滅です」

さて、○○に入る言葉は?

 

昨日、NHKの番組 「みんなでにほんGO」 でこんな話題が取り上げられていた。

かの有名な、長嶋茂雄氏の引退の時の言葉。
誰もが知っている名言・・・のはずなのに、なぜか多くの人が
「永遠」だと記憶していた。
しかし実際に彼が言ったのは

 「我が巨人軍は永久に不滅です」

 

なぜ「永遠」が人々の記憶に広まってしまったのか?

「永久」「永遠」もさほど意味に違いはないようだが、「永久」は出来事の記録などが末に残るという現実的な意味合いがあるのに対し、「永遠」は恋愛などの表現によく使われ、「時間を超えてずっと続く」というようなロマンティックなニュアンスを含んでいるそうである。
巨人を愛するファンが
「永遠」のほうがしっくりくると感じ、勝手にそう記憶してしまったらしい。

 

 

 「初めて自分で自分を。。。。と思います」

さて、。。。。に入る言葉は?

これも、マラソンの有森裕子選手がアトランタオリンピックでゴール直後に言った有名な言葉。
アンケートでは、100人中93人が
 
「ほめてあげたい」
だと答えていた。
しかし、彼女が実際に言ったのは

 「初めて自分で自分をほめたいと思います」

 

「ほめたい」  「ほめてあげたい」 とではだいぶ印象が違う。
後々、雑誌など方々のマスコミで、「自分で自分を『ほめてあげたい』とは何たることか」と批判の声が上がっていたらしい。
周りが勝手に間違って記憶しておいて批判するとは、有森さんに対して失礼だ。

この言葉もなぜ、「ほめてあげたい」として広まってしまったのか?
番組では、「国民の添削」と説明していた。
彼女のインタビューをテレビで見ていた多くの国民が、「私たちこそあなたをほめてあげたい」という気持ちで見ていたので、勝手にそのような言葉で記憶してしまったらしい。

 

 

言葉は微妙な使い方の違いで随分と相手に与える印象が変わってしまう。
時にはこちらが意図していることとはまったく違って伝わってしまうこともある。

昔は伝達手段として手紙をよく使っていたので、文章をよく吟味してから書くことが多かったが、最近は携帯メールで手軽にパパッと文字を打てるようになり、その分、「行き違い」も多くなった気がする。

私自身も、メールでのやりとりでこちらが伝えようとしたことが思わぬ形で誤解されてしまい、予想もしていなかったような返事が返ってきてびっくりしたことが何度がある。
自分と近い年代の人とではあまりそういうことはないが、歳の離れた人とメール交換すると度々そのようなことがある。
年代が違うと言葉の受け取り方や感じ方も違うのだろうか。

このようにブログを書いていても、私の場合、結構辛口な記事を書くことが多いので、書いた後も何度も自分で読み返し添削してからUPしているが、それでも読む方たちには、こちらの意図とは全然ちがう解釈をされている可能性もあるのだろうなあ、と心に留め置き、今日もブログを書いているのである。

人気ブログランキングへ ← それでも辛口なふくたままに応援ポチッとね。

2010年7月22日 (木)

万人に好かれようとは思っていない

これは、とあるTV番組で、ある芸人が、若い女性タレントに、「私、○○さん嫌いなんです」と面と向かって言われた時に、即座に返した言葉。

私はえらくこの「名言」が気に入ってしまったのであります。

 

「万人に好かれようとは思っていない」

 

おおー なんという清々しい響き!
感動のあまり、思わず大ウケし、拍手してしまいましたぞー。

 

 

人間はこの複雑な社会を生きていく中で、様々な人間との関わりを避けて通ることはできない。
主観的に見て、「いい人」もいれば「嫌なヤツ」もいる。

それは自分と同様、相手から見ても同じ。
人と関わることが楽しいと思うこともあれば、ムカつくこと、落ち込むこともある。
そんな人間関係に疲れ果て、心を病んでしまいそうになることもある。

 

そういう時、ふと自分をみつめてみる。

人とうまくやっていこうと無理していないか?

そもそも全ての人とうまくやっていく必要があるのか?

あちこちに媚を売って八方美人になって何か得するのか?

 

自分と気の合う人間としか関わらずに生きることは不可能だけど、
「自分」をしっかり確立していれば、随分と生きやすい。

 

万人に好かれなくても良いではないか。

誰が自分を好きであろうが嫌いであろうが、知ったこっちゃねえ!

他人は他人。自分は自分。

 

そんな、私が目指す生き方に、この芸人の言葉がぴったりシンクロしてしまったのであります。

 

万人に好かれようとは思っていない。

 

はっはっはー ♪ 気持ちいい響きじゃのぉぉぉ~

 

 

さてさて、今日7月22日は、この「ふくたままのRunRunLife」 開設3周年記念なのであります。

元々ブログを始めたのは、息子ふくたがその半年前からブログをやっていたことがきっかけで、なんとなく面白そうだし、私もやってみようかな~とはじめたわけなのです。

実は正直言って、個人的な日記みたいなものを不特定多数の人たちに公開するなんてどんなもんかいな・・・と少し抵抗もあったのですが、「公開日記」としてその時その時の自分気持ち、考えを記録していくことで、自分自身を客観的にみつめる良い機会になるかも、と思い、やっていく決心をしました。

そんなひとりよがりなブログが、最近では人気ブログランキング「陸上競技」部門でほぼ10位以内に常駐しています。

こんなふくたままとこのブログを応援してくださっている、ある意味マニアックな読者の皆さまに感謝の意を表し、3周年のごあいさつとさせていただきます。

これからも、「万人には好かれない」ブログを目指していきます。

 

100722

  

 きょうも

 あちゅかったなぁ~sweat01

 アヘwww

 

 

 

  人気ブログランキングへ ← 3周年のポチッとね。

2010年7月19日 (月)

猛暑の三連休

梅雨が明けて、いっきに猛暑がやってきましたね。
しかし暑さには強いふくたまま、この猛烈な暑さの中でも楽しく快適に走ってますnote

月刊「ランナーズ」9月号には、「やる気スイッチ」と題して、暑い時期でもやる気を起こすための方法があれこれ紹介されています。
が、、、私的には

「そんなに必死に『やる気起こすぞ!がんばるぞ!』と気合い入れなくても、走りたくなければ走らんかったらええやん」
と思ってます。
無理にやる気を起こそうと努力することに何の意味があるんやろ?
私はそんな必死じゃなくて、楽し~く走ってますよ。
走りたくない時は走りません。

 

さて、この三連休の第一日目は京都の一大イベント、祇園祭でした。
この様子は息子ふくたがブログに書いてますのでご覧ください。

  ⇒ ふくたのログブー

 

そしてきょうは・・・ ”海の日” でした。

が、我が家族が行ったところは海ではなく。。。

さて、ここ ↓↓ はどこでしょう?

100719_2

 

   正解は
     。
     。
     。

  京都御苑  でした。

 

なんや、いつもの御所か。

ちなみに一般にいう「御所」とは「京都御所」のことで、京都御苑(今出川通り、丸太町通り、烏丸通り、寺町通りに囲まれた所)の中心部にあり「建礼門」を入口とする壁に囲まれた所。春秋の一般公開時以外は許可なく入れません。
しかし京都の人たちは京都御苑全体を「御所」と呼びます。

上の写真は御苑の東端の森の中。
大きな木々がうっそうと生い茂っていて普段あまり人通りがありません。
ここが京都市内だということを忘れてしまいそうな所です。
ここは真夏の暑い季節の私のトレーニングコースの一部でもあります。

きょうは愛犬ふうたも連れて、この森の中を散策しました。

100719_3 100719_4

 

そしてその後、御所の近くにある、

  愛犬倶楽部 わん

へお邪魔し、

100719_5

お店のオーナーの

ばんばひろふみさんと

記念撮影diamond

 

ふうたの服を買いました。
(彼は真っ黒なので炎天下では服を着せないと熱っつあつになるんです)

 

楽しかったね。ふくた、ふうた。

人気ブログランキングへ ← きょうも応援のポチッとね。

2010年7月 7日 (水)

男の脳・女の脳

内容かぶるかもしれないけど・・・

前回の記事 「一匹狼」 (2010.7.1) を書いていて思い出したことがあった。

 

ある番組で、男女の脳の違いを生かしたダイエット法というのが特集されていた。

男性は論理的思考型なので、分析することが好き。だから体重を毎日グラフに記録し、食事や運動と体重との関係を分析して、自分に合ったダイエット法を実行するのが向いている。

一方、女性は論理的思考が苦手で、分析することはあまり好きではなく、それよりコミュニケーション能力に長けているので、一緒に頑張れる仲間を見つけ、一緒に運動したり、成果を報告し合ったり、共に楽しみながらやると成功しやすい。

というものであった。

これを見ていて思った。

 

わしは絶対男じゃ!!

 

この前も同じようなこと書いたけど、

なんで仲間と一緒でないと頑張れんのか、理解できん!!

いちいち仲間と成果を報告し合う必要性がわからん。

私ならひとりでコツコツ頑張って、自分で結果を分析して、自分でより良い方法を見つけていくタイプやなあ。

自分ひとりで楽しんで頑張ってることに他人にいちいち何かグダグダ言われるのはうっとうしいてしゃあない。

ほっとけーーーっ!!

て思うなあ。

 

ま、私はこんな、頑固ババアジジイ です。

 

でもねぇ。
一匹狼タイプのふくたまま、こう見えても実は実はとーーーっても他人に気を遣うタイプなんです。
(「ウソやろっdash」 ってツッコミ聞こえそうですが)
例えば仲間と一緒にランニングの練習していても、人のこと気にもしてないふりをしながら、仲間の足音や息遣いを聴きながら、どのくらいのペースで走れば皆が快適に走れるだろうか、とか、自分が足を引っ張ってないだろうか、とか、今話しかけて大丈夫だろうか、とか、常に周りに気を配りながら走ってるのです。
で、練習終わったら、ひとりで練習したときより何倍も疲れます。
「はぁぁぁ~ 私、何してたんや~~」て思います。

だからひとりがいいのです。
何かの目標に向かって頑張っていくのに「行動を共にする仲間」は必要ありません。

 

  真の友は 遠くにありて 想うもの

                by  ふくたまま 

 

 

それよりか、、、、

男の脳、女の脳、っていろんな説が言われてるけれど、男はこう、女はこうって決めつけるのはおかしいんちゃう?

私なんかそんな定説にはほとんど当てはまってないし~~

▶ みんなでわいわい楽しく、とかあんまり好きじゃないし。
▶ 感情より理屈でものを考えるタイプやし。
▶ 感情の浮き沈みがあまりないし・・・・(表情の変化が乏しいので中学生の頃
”鉄仮面”ってあだ名つけられましたthink
▶ ファッションとかおしゃれとかはまったく興味ないし。
▶ 「カフェでスイーツ」より「ガッツリ食える安い店」が好きやし。
▶ 買い物は
大大大大大嫌いやし。
 ↑強調しすぎ? ほんまに嫌いなんです。
「買い物でストレス解消」なんてあり得へん。めちゃめちゃストレス溜まるっちゅうねんsign03
▶ 毎日筋トレ頑張ってるのも、マラソンのための基礎トレでもあるけど、実は女性らしい体型になるのが虫唾が走るほど嫌なので、”筋肉ゴツゴツ””割れた腹筋”を目指してます。

あ、それと、お世辞でも、「かわいい」 という褒め言葉はやめてください。
寒イボ立ちます。

 

私、、、もしかして、、、「○同一性障○」 なんかなあ・・・・・

と、真面目に思っている今日このごろです。

人気ブログランキングへ ← 変なオッサンふくたまま、応援してな~。

2010年7月 1日 (木)

一匹狼

歴女:

   歴史に興味を持つ女性
    (参) 歴女 - Wikipedia

 

ママ鉄:

   鉄道に興味を持つ子ども(=子鉄)の影響で、自らも鉄道ファンとなったママ

 

巡子さん:

   海上保安庁に興味を持つ女性

 

・・・・・・・  ?????

理解できまへーんっ ┐( ̄ヘ ̄)┌ ~~

いや、歴史や鉄道や海上保安庁に興味を持つことに対して理解できないのではありません。

そういうものに、”群れ” をつくって群がることが理解できません。

 

こういう現象って、似てるよなあ~
昨今のランニングブームに。

本当に走ることが好きなんだかどうなんだか・・・・
単にブームだから走ってるだけ?、みたいな。

 

美ジョガー とかいうやつ。 何それ?

まあ、ランニングに「美」を追求するのはオタクらの勝手やけど、おかげで私らシリアスランナー(走力レベルは別として)は迷惑してまんねんdash
ランニングショップに行っても
「美ジョガースタイル」ウエアばっかりやしgawk
私らはオシャレなんかどうでもよくて、それよりシンプルに機能性だけを求めてるんよ。
ひと昔(ランニングブーム前)まで売ってた、ごく普通の、吸湿性・速乾性だけを備えた動きやすいシンプルなランシャツやランパンが欲しいのに、どこにもない!
あたしゃ死んでも
ランスカなんか履かんぞーーっsign03

 

スタイルだけでなく、彼女らの行動も、私は理解できまへん。

なんで女性はみんな群れをつくらんと行動できんのじゃ~・・・・?

ひとりで走れんのか~・・・・?

 

私もたま~になら、仲間と走っても楽しいかな、と思うけど。
経験豊富な先輩ランナーの方と一緒に走ればいろいろ勉強になることもあるし。
初心者ランナーの方と走ればまた新鮮な気持ちに戻れたりもするし。
でも、年に数回で充分です。
いつもいつも誰かと一緒やったらストレス溜まってしゃあないannoy

 

私はランニングのトレーニングは絶対ひとりでやりたい。
つまらんおしゃべりに無駄な時間やエネルギーを使いたくない。
ひとりなら、他人のペースに無理に合わせる必要もないし、自分の走りができる。
私にとって、トレーニングは実験研究の場。
いろんな走り方を試し、実験し、結果を考察し、失敗を繰り返しながら、それを生かして次へのステップにする。
これがランニングの何より一番の楽しさだと私は思っている。
群れ行動は足を引っ張られるだけ。うっとうしい。

 

私はたぶん、一匹狼タイプなんやろね。

ん? ただの変人?

人気ブログランキングへ ← 変人ふくたままにポチッとね。

2010年5月13日 (木)

データがバーン☆Σ(゚д゚lll)!!

外出先から帰ると、息子ふくたが冷静な表情で言う。

「ママ、バーチャルコンソールのデータが消えてしもた。」

 

「バーチャルコンソール」とはインターネット接続でWiiにダウンロードしたゲームソフトのこと。
そのデータが全部消えてしまったというのである。
ふくたにとってはものすごーく大事な大事なものである。なのに表情ひとつ変えず冷静である。
ふくたが言うには、Wii本体に入っていたデータをSDカードに移したら消えてしまったのだとか。

「え、なんで消えたん? なんかやり方間違ったん違う?」

「間違ってへん。そんな簡単なもん間違うはずがない。」

たしかに機械モンに強いふくた。WiiもDSもインターネットも自由自在に使いこなす子なのに、データの移動など簡単な作業を間違うとは考えにくい。
ふくたまま、ふくたを疑ったことにちょっと反省。

しかしデータが消えているというのは事実。
「消えた」という思い込みではないかと確認もしてみたが、やはりどこにもない。
ならば消えた原因が何かあるはず。
原因を調べ、解決法を探ることが第一。

まず何のためにデータを移動しようと思ったのか、どんな手順で作業をしたか、ふくたに聞いたのだが、話がなんだかよくわからない。
もう一度最初から、ひとつひとつ聞きながら確認しようとしたのだが、

「あのな、そやから、えっとー・・・・・」

ふくた、だんだん表情がこわばってきて泣き顔になり、ついにパニック!

「あwwwもーなんでこんなことにー※☆ω§÷×!」

 

最初は冷静を装っているように見えたふくただが、実はどん底に突き落とされて放心状態になっていたのである。
私にいろいろ問い詰められているうちに頭が混乱してパニックになってしまったのだ。

すったもんだの末、何とかふくたを落ち着かせ、よくよく話を聞いて原因を考えているうちに、ふくたまま、ピンときて謎が解決!

「あーそっかー、わかったで、ふくた。こういうことやろ。つまり・・・」
 
(詳細は複雑なのでここでは省略。ふくたのちょっとした勘違いによるミスであった。)

ふくた、ようやく謎の糸が解けて落ち着きはしたものの、再びどん底、放心状態。

「はぁ~なんでそんなことしたんやろ~、アホやった。」

消えてしまったのは4つのゲームの全データ。
中でも特に難度の高い「マリオストーリー」は何ヶ月もかかって8ステージのうちの5ステージまでクリアしていたのにそれが完全に削除されゼロになってしまったのだ。
それも、パソコンのようにゴミ箱へ移動したデータを再び復旧させられるようなシステムにはなっていないので、もう元には戻らない。

「せっかくあそこまでがんばってクリアしたのに~~~」(涙)

 

「たかがゲームごときの事で・・・」
と思われるかもしれないが、決してそんなことは言わないでほしい。
人にはそれぞれの価値観がある。
それは大人も子供も同じ。
他人から見れば「そんなつまらんモン」と思うようなことでも、本人にとってはとてもとても大事なものって、誰にでもひとつやふたつはあるはず。
それに対して「たかが○○ぐらいで・・・」という言い方はその人の人格をも傷付けることになる。
と、私は思う。

 

「もうあのゲーム、きっと一生やる気にならへんと思うわ~」

あらま。

 

まあ兎にも角にもふくたのショックがどれほど大きいかは、ままにはよくわかるよ。

ふくたままにも似たような経験はいっぱいある。
例えばうんと昔のことだが、SE
(システムエンジニア)の仕事をしていた頃、何週間もかかって苦労して作成したプログラムのソースの保存を失敗し、一瞬にして消えてしまったこともある。
プログラムミスでデータを破壊してしまい、真夜中まで復旧作業に追われたこともあったなあ。
失敗するたびに上司や周りの人に迷惑をかけ、「私はこの仕事向いてないのでは」とずいぶん悩んだものだ。

専業主婦となった今だって、趣味のマラソンでも毎回失敗ばかり。
今度のレースこそ自己ベスト更新確実! と意気込むのだが、なぜかいつも直前で故障して練習の成果を発揮できず、「今まで頑張って積み上げてきたものは一体何だったの?」とがっくり落胆、放心状態。

ふくたのゲームと似てるでしょ。

 

「ほんまになあ~ あんなにがんばってクリアしたのに、それは辛いわなぁ」

ここからふくたままにできることは、ふくたの気持ちに同じ目線で寄り添い理解してやること。

そして少し落ち着いたら、今の自分をみつめてみよう。

と、こんな絵を描いて話し合ってみた。

100513

今のふくちゃんの脳の中はたぶんこんな状態やな。

「データが消えた!」でいっぱいいっぱい。
これはほんまにしんどいわな。
もうほかに何も考えられへんもんな。

 

でも、ゲームは生活の中のほんの一部やし、ゲーム以外にもいろいろ楽しいことはいっぱいあるわな。

そうそう、ダーダが「また夏にびわ湖バレイ行こう」て言うてたで。。。
それから夏休みはまたふうたも一緒に旅行に行くで。。。
それと、今度の土日も、またどっかにおいしいもん食べに行くで。。。
あ、そうや、ふくちゃん、6月にまた新しいゲームのソフトが発売されるて言うてたな。。。

「うんうん・・・」

100513_2

こうしていろんな楽しいこと思い浮かべてたら、いつの間にか「データ消えた」事件がちょっとずつ小さいことになってくるな。

こんなふうに、だんだん少しずついろんなことを考えられる脳に戻っていけたらいいな。

ゲームが人生のすべてじゃないからな。

「うん、それはわかってる。『ゲームがすべて』なんて思ってないで。」

「よしよし、それがわかってたら大丈夫や。」

「はぁ~ ママと話してたらちょっと気持ちが楽になってきた。」

「そっか、それはよかった。」 

しかしその日一日ずっと、ふくたは激しく落ち込み、何度も溜息をつき、時々歯を食いしばり、自分自身と戦っていたのであった。

 

 

-----  そして翌日。

 

「ママ、あのな。あのデータ消えたゲームの攻略本買うわ。ほんで攻略本で研究しながらまた一からゲームやっていくわ。ほんなら前よりもっと早くステージ上がって、前クリアしたとこまで早く取り戻せると思うし。そう考えたらちょっとだけ楽しみになってきたわ。」

「おお!それはええ方法やな。ほんなら前クリアした所までは『思い出をたどるステージ』って感じで楽しめるな。」

「うん。ゲームは楽しむためにやるもんやし、楽しくやらへんかったら意味ないしな。」

「そらそうや。ふくちゃんえらいな。ちゃんと自分で解決法みつけたな。」

「でもまだ完全に立ち直ったわけやないんやで。」

「そうやわなぁ。そらショック大きかったもんな。」

 

「もう一生あのゲームやる気はない」とか言ってたのに、よくやる気になったもんだ。
消えたデータは戻らないけれど、ちゃんと自分と向き合い、自分で考えて解決法をみつけ、試練を乗り越えたことは大きいよね。

人間はそうやっていろんなことを乗り越えて強くなっていくんだよ。

 

まだ学校へは行けないふくただけど、ちゃんと成長してるんだ、と少し安心したふくたままであった。

人気ブログランキングへ ← ふくたとふくたままに応援のポチッとお願いね。

2010年3月24日 (水)

初心に帰って

京都の桜開花宣言ももう間もなくでしょう。

京都御苑の早咲きの「糸桜」はすでに見頃を迎えています。

100319

 

ちょっと気分を変えて、ブログのデザインも春らしく一新shine

 

 

今朝の。。。

100324 100324_2

     ↑ 血圧              ↑ 体温

低いなぁ。
やっぱり急に運動量が落ちたから代謝が落ちてしまってるのだろうか・・・

 

未だ「走れないランナー」・ふくたままですが、少しずつ回復に向かっているので、来月に入ったら少しずつゆっくり「リハビリラン」を始められるかな~
という感じです。

先週からやっとなんとか普通に歩けるようになり、今週に入ってからは股関節周りの筋肉がほんの少し伸びるようになってきたので、ちょっとずつストレッチをしています。

そして故障前までの約2年間ほぼ一日も欠かすことなく続けてきた筋トレ、1ヶ月ぐらい空いてしまったけど、また再開です。

筋トレに欠かせない私の愛用アイテムは
  これ ↓↓

100322

 

バランスボール

 

腹筋運動はこれに座り、お腹に手を当てて腹筋に力が入っていることを意識しながらゆっくりやります。

バランスボールを使ってやると、身体の体幹部分がバランスを取ろうと働くのでインナーマッスルが鍛えられます。
(腹筋以外にも、背筋や、臀筋、脚の筋肉などいろいろなところを鍛えたり、ストレッチするのにも使えます)

「目指せ なかやまきんにくん!」
ちゃうちゃうdash
ランナーに必要なのはムッキムキのボディービルダーみたいな筋肉ではなく、この
”インナーマッスル”
ですね。

ここでちょっと”おさらい”book
   ↓ ↓ ↓

長距離ランナーは速筋(白筋)より遅筋(赤筋)をより多く使うので、
<近海魚の鯛(白身)でなく、遠洋魚の鮪(赤身)ですね>
遅筋を鍛えるためには負荷を軽くゆっくりの動作でトレーニングしなければなりません。
息が詰まるような必死のトレーニングでは
無酸素運動になり速筋が、深呼吸しながらできるトレーニングだと有酸素運動になり遅筋が鍛えられます。

つまり、ゆっくりじっくりトレーニングするとより多くの酸素を必要とするため体脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果もあるわけですね。
これ、大事ですsign01

しかし筋トレってそれ自体あんまり楽しくないもんで、つい早く済ませたくてパパッと速くやってしまいがちです。  ・・・・あきません!
ゆっくりじっくりやりましょう( ̄ー+ ̄)

ってこれ 自分に言い聞かせてるんです。
1ヶ月もまったく走ってないのに走ってた時と同じように食べてたもんで、体重がヤバイことにdanger

トレーニングもやみくもにやるのでなく、何のためにやるのか、しっかり目的意識を持ってやらなければいけません。

私の筋トレの目的は

 ① 故障しない強い身体づくり

 ② 基礎体力アップで記録アップ

 ③ 体重管理

忘れんように、メモメモ・・・bookpencil

まずはストレッチで身体をほぐしながら、筋トレで衰えた体力を回復させ、少しずつランニングに入って行く予定です。

 

早く思いっきり走りたくてウズウズしてるのですが、焦らないように、気持ちを落ち着けて。

初心に帰り、フルマラソン完走を目標にトレーニングを始めた頃を思い出し、また一から始めるつもりでこつこつやっていこうと思います。

そして故障前よりぜったい強くなってやるsign03sign03sign03

人気ブログランキングへ ← 応援よろしく! ポチッとね。

より以前の記事一覧

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー