フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

骨盤の歪みから・・・

来る11月1日、久しぶりにハーフマラソンに出場します。
兵庫県西宮市で開催される、
西宮国際ハーフマラソン
甲子園球場をスタートし、武庫川河川敷を走るコースです。

ハーフのレースって長いこと走ってないなあ。
最後に走ったの、いつだっけ? と振り返ってみると、、、
なんと2007年3月の京都シティハーフマラソン。 しかもこの時は故障で一年以上の休養後にまったく練習なしで力試しに出場した(無謀な!)ので関門に引っ掛かり完走できず。
完走したハーフのレースは、
2006年1月の高槻シティハーフと、同年3月の京都シティハーフ
というわけでなんと今回、3年8カ月ぶりにハーフを走ることになります。

で、調子のほうはというと。。。。。

今春からの近況をざっと振り返ると

3月  篠山マラソン、胃腸炎・体調不良で散々な結果sweat02
    悔しさを晴らすため、bomb気持ちを切り替え練習開始impact

4月  順調に練習量UP。好調up 月間300km走り込みnotes

5月  好調note・・・だったが月末、右臀部に少し痛みがflair・・・

6月  練習量を落としdown様子見。

7月  臀部の痛みは治まる。
    が、ちょっと色々sweat01ストレスにより体調を崩すdown
    暑さも加わり、やる気減退。 ほとんど走れず。

8月  体調優れず、ますますテンションダウンdown

9月  体調持ち直しup涼しくなってぼちぼち練習開始。
    と、 またまたあの右臀部の痛みがdanger・・・
    整骨院通いの日々sweat01

10月 なかなか完治しないまま本格的な練習できずsweat02
    ひたすらウォーキング作戦で体力維持shoeshoe

とこんな感じで、調子が良かったのは春の間少しだけ。 完全に予定が狂ってしまいました。
まあ私の場合、本命レースはフルマラソンで、ハーフはフルのための練習という位置づけなので記録狙いではないのだけど、12月にフルを走る予定をしているので、今この時期しっかり走り込みができないのはちょっと辛い。
とにかく早く治さなければsign04sign04

最初に自覚症状が出たのは右のお尻の筋肉だったのだけど、整骨院で痛みの元凶を探ってもらうと、どうやらまず股関節を痛め、その影響で大転子(太腿の付け根外側)を痛め、そこから臀部の筋肉へと痛みが広がり、そしてまで痛めてしまったらしいのです。
痛みの範囲が広く、そして痛めている筋肉が大きい筋肉でしかも奥深いところなのでなかなか簡単には治りません。

そして、その故障の元の元を辿ると、骨盤の歪みからきているらしいのです。
整骨院で診てもらってわかったのですが、骨盤が少し歪んでいるために左右の脚の長さが違っていて、バランスが悪い状態で走り続けていたので骨盤周辺の右側から故障が発生したようです。

そこで、痛ーい痛ーい鍼治療に加え、骨盤矯正も開始しました。
特殊な台の上にうつ伏せになり、骨盤や太腿の下など適所に固めのクッションを入れて持ち上げ、整体師さんが腰を一気にグッと押すとガタン!と台座が落ちます。
腰がガクンと落ちてびっくりしますが、その瞬間に骨盤の位置が正しい位置に入ります。
痛みはまったくなく、これをやるとなんか身体がすっきり楽になる感じです。

でもせっかくこうして矯正してもらっても、普段の生活でバランスの悪い姿勢をしているとまたすぐ歪んでしまいます。
私はついつい椅子に座るとき脚を組んでしまうのですが、これはだめですね。
またテーブルに片肘をついて顎を乗せたりするのも体が傾いてしまうので良くないです。

骨盤が歪むと身体のいろんなところに悪影響を及ぼし、体調も崩しやすいし故障もしやすい。
ランニングを楽しく快適に続けていくためにも、「バランス」は特に気を付けようと心に誓ったのでありました。

 

そんなこんなで殆ど走れてないけれど、この秋はウォーキングshoeshoeでかなり頑張りました。
特に休日は、
1時間程度軽くジョギングし、昼は家族3人で2時間程ウォーキング夕方は愛犬ふうたとまた2時間程ウォーキング
平日は殆ど走ってませんが、
ふうたとのウォーキングだけは欠かしません。
家族とのウォーキングはゆっくりのんびりなのですが、
ふうたはめちゃめちゃ足が速いので超高速(競歩みたいな)ウォーキングです。
全体的に、距離は大したことないですが、体を動かしてる時間は相当なものです。

090628in  

← 超高速ウォーク
  のお伴する犬

   ふうた
    (3歳)

 とにかく足が速い! 

 

 

 

今回のレースでは、ほとんど走らずウォーキングだけでレースをどれほど走れるのか試してみたいと思います。
良い報告ができればいいのですが。。。。。

人気ブログランキングへ ← 人気blogランキングは絶好調!
           
今日も応援ポチッとお願いします。

2009年10月27日 (火)

放任主義

25日に行われた全日本大学女子駅伝で、佛教大学が4連覇を狙う強豪立命館大学を下し大会新記録で優勝しました。

6区間中、3区を除く5区間で区間賞。
(3区区間賞は立命館大のエース小島一恵) 
そして2区(森唯我)、5区(森知奈美)、6区(吉本ひかり)は区間新記録をマークしました。
すごい快挙ですね。

 

26日の京都新聞朝刊に、佛教大の女子チーム監督、森川賢一氏のインタビュー記事が載っていました。
森川氏は京都出身。 高校の体育教諭となり、高校陸上部の指導などを経て、2006年に佛教大の監督に就任されました。

記事によると、森川氏の指導は 「放任主義」 だとか。
選手の体調を管理するための体重測定もしない。
「体重は自分で管理するもので、それに縛られてはいけない。自分の感性が大事」 だそうです。
選手が高いヒールの靴を履いても気にしない。
「女の子なのでおしゃれもしたい。競技者としてある前に女性らしく、人間らしくあってほしい」 と願っているそうです。
また、ロード練習で通る道の清掃活動が日課だとか。
日本一のチームの監督であるという奢りもなく、応援してくれる地域への感謝の気持ちも忘れないところが素敵ですね。

森川氏は選手を一度も怒ったことがないそうです。
全員が自由にのびのび走るチームづくり。 そんな「放任主義」体制で、しっかりチームを日本一に押し上げたところがすごいじゃないですか!

京都新聞の毎土曜の夕刊に、森川氏の市民ランナー向けのジョギング講座のコラムが連載されていたことがあり、私はいつも読んでいましたが、とてもよかったです。
私は森川監督という人がどんな人なのかあまりよくは知りませんが、彼の理論はただこうしろああしろというのではなく、何故そうすると良いのかをきちんと筋立ててわかりやすく説明してくれるので気に入っていました。

 

走るために最高の環境が与えられサポートが受けられる代わりに、常に結果を求められる陸上選手。
一方、自分や家族の生活を優先しながら自分で走る環境をつくらなければ走れないが、好きなときに自由に走れる市民ランナー。
どちらがいいのかなあ。。。

大学の陸上選手とか実業団選手には憧れるけれど、
もし私が実業団選手になっていたら・・・・・・・
と想像すると、やっぱり市民ランナーでよかった。。。?

でも、森川監督が率いるようなチームだったら・・・
私もそんなチームの一員になりたい!

「競技者である前に、人間らしく」

そう、選手だって、市民ランナーだって、人間ですからね。
人間的にダメなら競技者としてもダメなんじゃないでしょうか。

人気ブログランキングへ  ← な、なんと6位にランクイン!(27日23時現在)
           今日も応援のポチッとお願いします。
           この調子でがんばるのだーっ!

2009年10月22日 (木)

ランニングブームに思うこと

ランニングブーム以前から走っている私には、この突然のブーム到来は何なんだろうという感じです。
最近はホントに街中あちこちで走っている人をみかけるようになりました。
まあ、別に悪いことではないですけどね。。。

このブログを読んでくださっているクリさんも、前に「マラソンブーム」という記事を書いておられましたが、私もほぼ同意見です。

ちょっと前までは私も、「走って何が楽しいの?」と不思議がられたり変わり者扱いでしたが、最近では理解してくれる人が増えたように思います。
それに、ランニング人口が増えることで
全国にたくさんの大会が増えれば、ますます走る楽しみも増えるわけで、そういう意味ではこのブームは歓迎ですね。

ただ、クリさんも書いておられるように、ランナーのマナーの低下が心配です。
マラソンが他のスポーツと違うところは、練習も競技も専用の施設ではなく一般の公道を使うところ。

公共の場所を使わせてもらっているのだという認識を持って、皆がマナーの向上に努めるべきですね。

かくいう私も数年前、京都御苑の外周の狭い歩道を結構スピードを上げて走っていて、通行人を追い抜こうとして肩がぶつかってしまったことがありました。 こんな所でスピード走をしちゃいけないと反省し、それ以来もう御苑外周を走るのはやめました。 歩道の硬いアスファルトが足に良くないという理由もあり。
私が所属しているランニングクラブも御苑外周歩道を練習場所にしているので、その危険性を指摘し、鴨川河川敷への練習場所移動計画を提案しましたが、採用なりませんでした。(残念。。)

 

ところで、このブームの火付け役は東京マラソンだそうでうが、なぜ東京マラソンにあんなに人気が集中しているのか不思議です。
2010年大会の抽選の当選倍率はなんと9倍だったとか!
中にはランニングの経験などほとんどないのにちょっと運だめしのつもりで応募してみたら当たってしまった!なんていう人も多いんでしょうね。
真剣に「走りたい」と思っている人にとってはけしからん話ですね。

私は東京は走りたいと思わんなあ。
喘息の持病もあるので、できるだけ自然の多い空気のきれいなところで走りたいです。

東京マラソンの盛況をきっかけに、各地で都市マラソンの計画が持ち上がっていますが、私の個人的意見としては、以前【「京都マラソン」構想】で書いたように、どれも同じような、東京2号・東京3号みたいな大会ではなく、それぞれの大会が独自のカラーを持った大会にしてほしいと思います。

 

ランニングブームについて、私的には総じていえば歓迎派なのですが、ひとつだけ非常に困っていることがあります。

それは今までにも何度か書いてますが、女性用のランニングウエアがすっかり”ファッション”になってしまったこと。
もうランスカとかランドレスとかチュニックとか、うんざりです。
どこの店に行ってもそんなのしか置いてないのです。
もうええかげんにして!!

私はブームだから走ってるわけでもファッションとし走っているわけでもありません。
ただ純粋に走ることが好きなだけなのです。
見た目の綺麗さとか可愛さとかどうでもいいので、
走る快適さだけを追求した機能性重視のウエアがほしいのです。
どこ探してもいいウエアがないし、男性用ならすっごく良いのがたくさんあるので、「仕方ない。メンズのSサイズ着よか。」 と思ったりもするのですが、やっぱり男性の体型に合わせて作ったものは合いません。

もちろん、ファッションとしてランニングを楽しみたい人はおおいに楽しんでいただければ結構なのですが、中には私のような女性ランナーも多くいるはず。

私は60になっても70になっても80になっても走るつもりです。
80歳のおばあちゃんがベビーピンクのランニングチュニックを着て走ってる姿を想像してみてください。
ゲゲッwobblysign03

全国のスポーツ用品メーカー・販売店各社様。
どうかこの点をご考慮いただけませんか???

人気ブログランキングへ ← 今日も応援のポチッとお願いします。

2009年10月 9日 (金)

北風と太陽

ふくたが学校へ行けなくなってから4年の歳月が過ぎた。

子どもはあっという間に成長する、とよく言われる。
ふくたも4年間でずいぶん大きくなった。

しかし、この4年は決してあっという間ではなかった。
私には10年にも20年にも感じられる、長い長い年月だ。
一歩前進したかと思えばまた後退、なかなか進歩できないもどかしい日々。
周囲からの重圧、焦り、将来の不安・・・・・

このままでいいのか?
今、何をすればいいのか?
親として今、私にできることは何なのか?

 

いろんな思いを抱えながら、毎月1回相談に通っているスクールカウンセラーの元へ、先日も行っていろいろ話をしてきた。

そして私は、少しだけ自信を取り戻し、腹をくくったのであった。

続きを読む "北風と太陽" »

2009年10月 2日 (金)

野菜の大食い大会?

日頃から食事の栄養バランスにはかなり気を遣っている(つもりの)私。

特に野菜はたくさん摂るよう心がけています。

 ↓ ある日の夕食の材料に使った野菜

090213  

家族3人1食分です。

毎日これぐらいの量は使ってます。

 

 

 

太ることを気にしてできるだけ食事の量を少なくしたり、肉は食べない、油は使わない、などこだわりを持っている人も多いですが、うちは違います。

なんてったってわが家には超大食いパパさんと育ちざかりの息子がいますから、毎日精進料理みたいなもん食べさせてたらみんなイライラして爆発しますわ。

私は食事の全体量を減らすことよりも、できるだけ多くの種類の栄養素を摂り、特に野菜はふんだんに使い、ビタミンやミネラルを多く摂るようにしています。
野菜に含まれる食物繊維は余分な脂肪などの吸収を抑え排出してくれるので、野菜をたくさん摂れば肉だってしっかり食べても大丈夫だと思います。
それに油も、脂溶性ビタミン(A・E・D・K)の吸収には必要なものなので、「油は一切摂らない」という考え方は栄養バランス的には必ずしも良いとはいえないのでは?
私はオリーブオイルや中鎖脂肪酸の入ったものなど、体脂肪になりにくい油を積極的に使うようにしています。

 

ところでうちのパパさん、ふくたくんは、豚カツが大好きheart04

先日、豚カツ専門店へ食べに行きました。
ごはん・味噌汁・キャベツがおかわり自由の某店です。

ここへ来るといつも、野菜の大食い大会 が始まります。
 (なんのこっちゃ?)
参加者は私だけですけどね。

つまり、おかわり自由のキャベツをドカーンと目一杯何度もおかわりするのです。

最初に盛り付けてある量なんて、私はほぼひと口でガブリ!です。

そして、
 
「すみませーん キャベツのおかわりお願いしまーす!」
 
「これぐらいでよろしいですか?」
 
「もっとどっさりお願いします」
 
「このぐらいで?」
 
「もっと!」
 
「このぐらい?」
 
「はい、どうも」

で、こんな感じです ↓↓

090920 

 

 ッ

 サ

 リ

 !

 

 

この量を何回おかわりしたかなあ~ たぶん、5~6回。
パパさんとふくたは、いつものことなので平然としていますが、隣のテーブルのお客さんなどはちらちらとこちらを見ながら「えっ」という表情だし、何度も呼び出される店員さんはついに笑いだしてしまう始末です。

「「 こんな客おらへんやろ~~~ 」」

周りの目を気にしたらあきまへん。 何も悪いことしてないんですから。

 

あ、そういえばこの間、知り合いの人たちと日焼け止めの話になって、
 
「私、日焼け止めなんて使ったことないわ。」
と言ったらみんなにびっくりされました。
 
「えー そやのに全然”シミ”ないね。」
 「きっと食生活がいいからやわ。」

と言われて、なるほど!
シミなんて全く気にもしたことなかったけど、たしかに日焼け止めも塗らずこんなにガンガンいつも日に当たってるのにシミができない。
これってやっぱり野菜のおかげ?
野菜好きでよかったわ~

 

私、野菜の大食い大会があったらほんまに優勝できる自信がありますΣ(`0´*)

人気ブログランキングへ   一番好きな野菜はかぼちゃheart04
        
←今日も応援のポチッとお願いね!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー