フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月25日 (金)

大会・クラブを支える人々

このブログのカテゴリーは一応 「ランニング」 なんですが、、、

ちょっとばかり大変な家庭事情を抱えている主婦ランナーブログなので(”ランナー”を名乗って良いのかしら・・・)、他のランナーの皆さんのブログのような、大会出場報告とか 「今日はこんなトレーニングをしました」 みたいな記事があんまりなくて、カテゴリー変更したほうがいいかなあ~なんて思っている今日このごろです。

こんなブログでもいつもきちんと読んでくださっている方々には本当に感謝です。
皆さんのコメントや、「いつも読んでるよ」という声がとても励みになっています。

そんな読者の方の一人、パオパオさんご一家が先日ある大会に出場されとても嫌な思いをされたことをブログに書いておられ、それを読んだ私はなんとも居たたまれない気持ちになって、今日予定してなかったこの記事を書いています。

パオパオさんのご家族は、もう済んだことなのでそっとしておいてほしいというお気持ちのようなので、私がそのことを敢えて詳しくここには書きませんが、気になる方はパオパオさんのブログをお読みください。

 

 

私は以前、「京都マラソン構想」(2009.7.4) の中でも書きましたが、趣旨がはっきりきていない大会は参加者にも開催地の市民にも受け入れられず廃れてしまうと思っています。

表向きには「誰でも参加できます」と言っておきながら初心者には参加しにくい大会はいずれ消えていくと思います。
京都シティハーフマラソンがそのよい例です。

ましてや大会スタッフが参加者を傷つけるような言動をとるなんて論外です。

 

私が以前、ある未公認の小さな大会に参加したときのこと。

その大会は10km、ハーフ、フルなどの種目があり、私は10kmに参加しました。
間もなく控えていた目標レースに向けての練習として参加していたので、目一杯ではないけれどやや速いめのペースで走っていました。

すると途中で、ペースメーカーとして参加者に混じって走っていたスタッフに声をかけられました。

 「3時間半目指してるんか?」

 「いえ、そういうわけでは・・・」 と答えると、

 「今それぐらいのペースやで。 持つんか?」

 「は・・・・・」

驚きました。
知り合いでもないのに、その口のきき方にもびっくりだし、それになぜ私だけにそういうこと聞くのか?
私がいかにも遅そうでとても3時間半ペースを維持できるランナーには見えなかったのでそう聞いたのでしょうけど、失礼にもほどがあります。

もし、ペースメーカーの立場から、私の走りに無理があるように見えて親切に声をかけてくださるのなら、

 「今、3時間半ペースですよ。」
とか、
 「無理しないように」

というように、特定の人に対してでなく周囲の人たちに呼びかけるように声かけすれば充分だと思います。

 

まあ、私ぐらいのそこそこ人生の荒波を乗り越えてきたおばちゃんならそんなことぐらいでへこたれませんが、小中学生の子どもたちなら、「あんたみたいな遅そうな者が」みたいなこと言われたら相当傷付くと思います。

いや、例えおばちゃんでも、大会スタッフが参加者に対してそんな偉そうな態度をとることがそもそも間違っています。

大会は、主催者、後援者、スポンサー、役員、参加者、全ての人たちで支えられ成り立っているものです。
参加者は当然、お世話してくださるスタッフの方々に走らせてもらうことを感謝しなければならないし、スタッフもまた、参加してくださる方々に「おかげさまでこんな盛大な大会になりました」と感謝の気持ちを持たなければならないと思います。
大会を支える人々全員がお互い感謝の気持ちを持ち、マナーを守り、自分たちがこの大会をつくっているのだという自覚をもつべきではないでしょうか。

スタッフの中に一人でも参加者に不愉快な思いをさせた者がいれば、事実がわかった時点で責任者がすぐ参加者に謝罪し、そのスタッフに厳重注意するのが当然と思います。

大会で嫌な思いをした参加者は二度とその大会には出場しないでしょう。
そこで大会を支える人を一人失ったことになります。
大会責任者はそういう自覚があるのでしょうか。
スタッフの中の誰か一人がとった行動だから自分は知らない、という感覚なのでしょうか。

 

また、「誰でも参加できる」という趣旨の大会ならば、速い遅いに関わらず選手みんなが楽しく気持ちよく参加できるようスタッフの細心の配慮が必要だし、遅いランナーに参加してほしくないのならきっぱりと参加資格基準を設け趣旨を明確に示すべきです。

表向きだけ「みんなの大会」みたいなカラーを出しておいて、エリート選手だけをちやほやし、遅いランナーを鼻であしらうような、お高くとまってる大会には私は絶対参加しません。
(大会だけでなく、ランニングクラブも同じこと)

 

ランニングブームの到来で、ますますランナーのレベルの幅も広がっている昨今、大会やクラブの主催者、そして参加者も、「皆が楽しい大会・クラブ」 とはどういうものなのか、しっかり考える必要があるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ ← 今日も応援のポチッとお願いします。

2009年9月24日 (木)

ウォーキングウィーク

「シルバーウィーク」 とはまたシャレたネーミング、誰が考えたんだかねぇ。
「ゴールデン」に次ぐ長連休だからか、敬老の日を挟んでるからか・・・?

ランニングブームも相まって、今週は気合いを入れて走り込みしてるランナーが全国にたくさんいることでしょう。

がしかし、私は全く走ってませ~ん(;;;´Д`)

ちょいと故障中なもんで・・・
原因はやはり、「禁断の御所ラン」をやってしまったからかなあ。。。
私は御所で走ると100%必ず故障するので近年は絶対走らないようにしてたのですが、いつもの鴨川で真夏の炎天下ランはアラフォーのオバちゃんにはちょっときつくなってきたので、「ちょっとぐらいなら・・」と木陰のある涼しい御所を走ってしまい、、、

やっぱり「御所を走ると必ず故障する」というジンクスを打ち破るのは無理なようです。
どうも御所のコースは私の足に合いません。

今、右脚の大転子(脚の付け根の部分)の辺りが炎症を起こしていて、ここを起点に臀部から腰までの筋肉がパンパンに張ってて走れません。

クwwww もう二度と御所は走らんぞ!

 

しかし!

過去に長~く辛~い故障を経験した私は、こんなの全然何とも思ってません。
転んでもただでは起きない根性ができてる私(?)は、この「シルバーウィーク」を

  「ウォーキングウィーク」

として大いに活用しましたfootfoot

もし故障してなかったら、せっかくの連休だからとつい張り切って走り込みに熱中し、その間息子を家に置いて退屈させてたことでしょう。

でもウォーキングなら家族一緒にできるので、レジャーとトレーニングを兼ねて家族みんなが有意義な時間を過ごせます。
私もこれなら自分だけ走りに出かける罪悪感に囚われることなく、のびのびと楽しめます。

故障してよかったや~ん♪   ← 前向き

私の企てた作戦にパパさんも引きずり込まれて参加。
だってうちのパパさんは無理やり引っ張り込まないと、また寝てしまいますから。
寝て、寝疲れして、また寝る。
”爆睡ウィーク”になりかねません。

さあ、歩こう 歩こう sign03  shoe foot shoe foot

090922 息子ふくたが同じタイトルで記事を書いてるのでご覧ください。

     ↓↓

 ふくたのログブー 「ウィーキングウィーク」 

 

 

人気ブログランキングへ ← 100回転んで101回起きるふくたままにポチッと応援お願いします。

2009年9月17日 (木)

ノーランニングデー

****************************************************

我が家のセラピードッグふうたがミックス犬コンテストに出場中diamond

090608

 

優勝をめざすのだcrown

←この写真を
 みつけたら
 [投票] ポチッとおねがいheart04
   ↓ ↓ ↓

              わんわんパラダイス MIX-1選手権

****************************************************

 

今、京都市PTA連絡協議会で、テレビやゲームを消して家族のふれあいを大切にしようという
 「ノーテレビ・ノーゲームデー」
の取り組みを市内学校に呼びかけ推進しています。
そのSTEP1として、毎月16日は ”ノーテレビデー” とし、「食事の時間はテレビを消して子どもたちの話をじっくり聞いてみましょう」 というメールが、昨日16日、P連から各家庭に配信されました。

で、我が家では・・・

テレビ観てましたけどね(笑)

 

でもうちでは元々食事の時間にテレビなどつけません。
それに、息子ふくたはいつも必ず観る番組が決まっていて、それ以外はめったに観ません。

ちなみにふくたの現在の必見番組はdownwardleft

 (月) 1分間の深イイ話
 (火) 本当は怖い家庭の医学(これはふくたより家族が観る)
 (水)   無し
 (木) ポケットモンスター
 (金) ドラえもん ・ クレヨンしんちゃん
 (土) 世界一受けたい授業 ・ オーラの泉(不定期)
 (日) あたしンち・ヤッターマン・シンケンジャー・仮面ライダーダブル

せいぜい一日に1時間程度ですね。
これ以外にも何か面白そうなスペシャル番組などがあれば観ますが、予め新聞のテレビ欄で番組チェックして、「これを観る」と決めたらその時間だけテレビをつけて、終わればパチッとスイッチを切ります。
その辺の潔さというのか、きっちりしてるところは親の私のほうが感心し、見習わなければと思うぐらいです。
私なんか、パソコンの前に座ると 「今日は1時間だけ」 と決めていてもついダラダラとやってしまい、気が付けば夜中の1時2時なんてことしょっちゅうですから。
 
(こりゃ「ノーパソコンデー」が必要だな)

昨日の「ノーテレビデー」はちょうど水曜日で必見番組がない日だったのですが、ある番組でダイエット特集がやっていたので(ふくたより私が関心あるので)観てました。
で、終わったらいつものようにふくたがスイッチをパチッimpact 「はい終わり!」
偉いでしょ。

こういうやり方なら別に 「16日はノーテレビ」 と決める必要もないと思うのです。
来月の16日は金曜日。 ふくたの大好きなアニメの日。
これを観させないというのは逆に我が家の秩序を乱すことになります。

 

よく、「不登校の子どもは生活が乱れがち」 などと言われ、私も以前行っていた某公共機関の不登校相談のカウンセラーに
 「生活の乱れはありませんか」
 「昼夜逆転していませんか」
 「食事の好き嫌いは多くありませんか」
と、同じような質問を何度も何度もされ、気分の悪い思いをしたものです。
 「うちの子はそれはないです」
と何度言っても、疑ってるのか、また同じことを聞かれます。

「不登校の子はだらしない」 という決めつけはやめてほしいものです。

テレビに関してもこのようにきっちりしてるし、就寝時刻は10時、起床時間は6時と決まっているし・・・
これだって私がそうしなさいと決めたわけでなく、ふくた本人が自分の意志でやってることです。
低血圧で早起きが苦手な私は朝うっかり寝過ごしが多いのですが、ふくたは先に起きて着替えも済ませています。
でも、「ママ、おなかすいた。早く起きて」 などと起こしには来ません。
「ママは疲れてるから」 と気を遣い、静かに私が起きるまで待っています。
食事だって好き嫌いは一切ないし、「ママがちゃんと栄養のバランス考えて作ってくれてるから」 と言って、何でもおいしいと食べてくれるし。

こんなふうにきっちりした性格が、逆に学校のザワザワと落ち着きのない雰囲気になじめないのかもしれません。
学校なんて無法地帯ですからね。

 

 

ところで、、、、、

「ノーテレビ・ノーゲームデー」 に習い、私が提唱するのは、

  「ノーランニングデー」

 

これ、いかがでしょうか?

「たまにはランニングはお休みして、家族とのふれあいを大切にしましょう」

という日をつくるのです。

よくいるでしょ。
毎週休日になると、「ロングランだ」 「トレイルだ」 などと、子どもを妻に任せっきりにして自分だけどこかの野山へ出かけ思いっきりランニングを楽しんできてストレス解消しているパパさんランナー。

奥さんひとりで育児に追われ、どれほどストレスが溜まっているか、想像したことありますか?

。。。それ、かつてのうちの家庭の話やん!(爆)

うちの夫も、今は ”へなへなランナー” ですが、ひと昔前は”バリバリあほランナー”で、平日も休日も、暇さえあればとにかく走り、月間走行距離は800km。
休日はほぼ毎週全国のどこかの大会に出場。 家に居ることはまず無し。
帰ってきたら疲れたと言って寝るだけ。
家庭を一切顧みない夫に代わって私がひとりで息子を育ててきました。

普通ならとっくに家庭崩壊してますよ~~

ま、今も内面崩壊してる仮面夫婦ですけどね。

こんなんで私、よく10年以上も我慢して頑張ってきたなあ。 偉いわ~
誰も褒めてくれんので、自分で褒めてます。

こんな家庭でも、せめてとにかく大事な息子を一人前に育て自立させるまでだけは私は責任を持たなければならない。
私が「大阪国際出場」の目標をひとまず降ろし、家庭優先の方向に切り替えたのはそういう理由です。

 

自分の目標を持って、生き生きと楽しく過ごすことはとても大事なこと。

でも、自分の楽しみのために家族を犠牲にしていたら、結局は自分をも壊します。

今やっていることがプラスになっているのか、マイナスになっているのか?

一度考えてみましょう。

人気ブログランキングへ ← 私はひとまず「ノーパソコンデー」かbleah
              ポチッと応援よろしくね~

2009年9月12日 (土)

疲労回復の一品

****************************************************

我が家のセラピードッグふうたがミックス犬コンテストに出場中diamond

090608

 

優勝をめざすのだcrown

←この写真を
 みつけたら
 [投票] ポチッとおねがいheart04
   ↓ ↓ ↓

              わんわんパラダイス MIX-1選手権

****************************************************

 

さて。。。。。

夏から急にやる気が減退しているふくたまま。
だいぶ疲れてます。
7~8月はほとんど走れず、9月に入ってからもほぼ1日おき。
だいぶ走力が落ちていて、昨日はゆっくり10kmジョグの途中で1km4分走を入れただけで、今日は大臀筋がイタタ・・coldsweats02

30代までは真夏の炎天下でも平気で走ってたのに、40代に入った去年の夏から暑さがかなりこたえるようになってしまった。
いや、歳のせいとは思いたくないなあ。 私よりずっと年上でも元気いっぱい走ってる人は大勢いるし・・・
体力的なことより精神面が原因かも。

まあ、不調の原因究明と解決策はまた今度にして、、、

 

我が家の食卓では、疲労回復食として家族に人気の一品があります。

090911  

 にんにくの素揚げ

 

 

 

 

作り方はいたって簡単!
皮を剥いただけのにんにくをただ油で素揚げするだけ。
味付けは一切不要。
写真のようにこんがり色付いたらOK。

以前、お好み焼き屋さんで「にんにくのホイル焼き」を注文したらこれがめちゃうまくて!
そこではアルミホイルを器にして、にんにくがひたひたに浸かるぐらいの油を入れ、鉄板で焼いていました。

私はフライパンを傾け端っこに油を少量入れて熱し”素揚げ”にします。

味、食感はまるでホクホクdashじゃがいもmoon1
しかも素揚げにすると臭みがほぼ完全に抜けて、食べたあと臭いが全く残りません。
夫も息子も 「お~ イモや~ うまい!」 と言いながら食べてます。

ぜひお試しあれshine

  にんにくの栄養・効能 ⇒ 【にんにく百科】

人気ブログランキングへ ← 皆さんのポチッが元気の源です。応援お願いねっ!

2009年9月 6日 (日)

癒しの時間

日常の喧騒から抜け出してホッとひと息つける時間。

そんな 「癒しの時間」 がほしくて、いい所をみつけました。

今、京都文化博物館 

  藤城清治 「の世界展」  が開催されています。

家族で行ってきました。

(以下は買ってきたお気に入りの絵葉書を写真に写したものです)

090906  

 

「夢がとぶ」

090906_2  

 

  「花火」

090906_3  

 

「線香花火」

090906_4  

 

「天地創造・エデンの園」

 

 

 

 

090906_5 090906_6

    「たんぽぽ」            「海と少年」

 

まさにそこは、光と影が織りなす夢の世界でした。

当展は、9月23日(祝)まで開催されています。 癒されますよ~

 

”癒しの時間” といえば、わが家の次男、愛犬ふうたとのお散歩もひとときの癒しを与えてくれます。

その ふうた が今、ミックス犬のコンテスト MIX-1選手権 に出場しています。
皆さんの投票により順位が決まります。

ぜひ、応援の一票をお願いいたしますheart04

  詳細・投票はこちらから
      ↓ ↓ ↓
 ふくたのログブー 「ミックス犬NO.わん!」

 

070516  

 

 よろしく

 おねがい

 なのだワンheart01

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ ← こちらもポチッとお願いねっ!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー