フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 風の音、足の音を聞こう | トップページ | 危険だらけの街で »

2009年6月 9日 (火)

寛平師匠に学ぶ

日曜日(6/7)、京都チャリティファンラン に行ってきました。

0906075/5の記事 「平和への願い」

で紹介した、

「RUNNERS 9の会 

のユニフォームのデビューです。

その様子は、

  ふくたのログブー 「宝が池で走ったよ」 (6/9)

をご覧ください。

 

 

ところで最近このブログによく

 「惨敗レースの悔しさを・・・」
 「くっそー リベンジじゃー!」
 「メラメラと燃えながら・・・」

などのフレーズがよく出てきているので、これらを読んだ方は、私が最近ものすごくがむしゃらに走っているように思われているかもしれない。

しかしながら実際は、ほとんどゆ~っくりの~んびりジョグばかりやってるのです。

以前はペース走とかスピード走とかを積極的に取り入れていたこともあったのですが、何度も故障するなどしていろいろ経験を踏んでいくうち、私はまだまだ走れる脚ができていないことがわかったのです。
なので、もう一度基本に戻り、まずはゆっくりじっくり走り込んで”走れる脚”づくりからやっていこう、という作戦です。

ゆっくりだけど、できる限りたくさん走り込むのが今の目標。
やっぱり付け焼刃的な練習では真に強くはなれない。
家庭とのバランスも取りつつなので、時間のやりくりが難しいところなんですが・・・

 

  「寛平師匠に学ぶ」

って、「お笑い」じゃないですよ!

 

間寛平さんが挑戦中の 「世界一周アースマラソン」 応援ブログ (当ブログの画面右のバナーをクリックすると見れます) の6月3日の記事に、こんな一節がありました。
現在アメリカ大陸横断中の寛平さんの元へ息子の慎太郎さんが応援に来られ、一緒に30km走られたときの会話です。

****************************

寛平さん「慎太郎、1000km以上走ってRUNが分かったわ。
      体の力を抜いて走らなあかんねん。
      それまでは力が入っているから足が痛くなったり、
      疲れが溜まったりしてもうたけどな。」
慎太郎君「どういう事?」
寛平さん「走ろう走ろう思ったら、疲れて足が持たへんねん。
      だから軽く汗を流す程度、ジョギングすんねん。」
慎太郎君「軽くジョギングで60km?」
寛平さん「違うねん、軽くジョギングで5km!
      それがたまたま12回あるだけや!
      そう考えたら力も入らへんし、毎日毎日続けられるんや
      で!」
慎太郎君「あっなんかそう思ったら、急に楽になったわ!」
寛平さん「マラソンとかはストイックになったらあかんねん。
      力を抜いて風景や会話を楽しみながら、
      右の足を出して、次は左の足を出す!
      それだけで前へ進むんや!
      フォームとかは関係あらへんし、なんも難しくないで、
      たったそれだけや!」
慎太郎君「確かにそうやな!」

たったそれだけで、寛平さんはアメリカ大陸を3000km以上走って来ました。

********* ( KANPEI EARTH Marathon より )

 

毎日毎日50~70kmも走る寛平さん。
いくら好きで走っていても、ずっとずっと走り続けていると辛いこともあるはず。
そんな寛平さんが何千キロも走って悟った超長距離ランの極意ですね。

たしかにフォームとか意識し過ぎると体に力が入ってしまって逆効果ってこともあります。
体が硬くなってると感じたとき、口ずさむ曲は

  RUN KANPEI RUN ♪

体が軽くなります!

 

寛平さん。 勝手に”師匠”と呼ばせてもらってます。 すみません。

寛平さんには足元にも及びませんが、意識して走らせてもらってます。

アースマラソン、応援してますよー!

人気ブログランキングへ ← ふくたままもポチッと応援してね!

« 風の音、足の音を聞こう | トップページ | 危険だらけの街で »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

私もほとんどゆっくりのんびりジョグばかりです。最近たまにスピード練習とかするけど、しんどいし嫌いです。
山に行ったり、昔の街道をトレースしたり、気ままに走ることが多いです。でも、そんなことばかりでも、距離が延びてからは、脚が少しできたというか、故障しにくくなって、そこそこレースのタイムも上がってきました。

走り方もだんだん省エネ化してくるのか、フォームの無駄が少ないと言われることが増えました。
走っていることを忘れるような走りが理想です(笑)

私は、走るとき音楽は聴かないですが、ラジオ聞くことが多いです。しかもAM。
ウォーキングしてるおじいさんのノリですね(笑)
プロ野球が多いです。阪神が勝ってると、足取りが軽くなるのですが、負け出すと走る気がなくなってしまうのが難点。もちろん音量には気をつけて、外の音もちゃんと聞こえるようにしています。

☆まりもさん

まりもさんは「”楽しいランニング”の達人」だなあと私は思います。
いろんな所でいろんな走り方を楽しんでおられますね。
私はいつも同じ所でワンパターンな練習をしてますが、まりもさんのように楽しく沢山走って強い脚づくりをするのが目標です。

「走っていることを忘れるような走り」・・・う~ん私もこれを目指そうかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風の音、足の音を聞こう | トップページ | 危険だらけの街で »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー