フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« リベンジは始まっている | トップページ | ふくちゃんがんばったで »

2009年4月21日 (火)

ひねくれババアのひとりごと

たぶん多くの市民ランナーが読んでいる「月刊”ランナーズ”」
うちも夫が定期購読しているので、私も読んでます。
参考になる記事もいろいろありますが、この6月号の記事の中にはいくつかイラッannoyとくる部分が・・・・・

以下、青字 ”ランナーズ”より抜粋。 
    赤字
ふくたままのひとりごとです。

 

(p16) 女性が舞台で輝くためのお稽古
    「私もかっこいいランナーになりたい!」

  輝いている女優(女性ランナー)の3カ条

  「女優と女性ランナーを一緒にせんといて! 私はランナーやけど、女優やない。」

 

  その1●身体(走り)のバランスを崩さない
   バランスが良いと、フォームもきれいでスピードも出しやすくなる(崩れると故障の原因にもなる)。そして何よりも走る姿が美しいことが大事

  「フォームがきれいなほうがいいというのは同感。でもそれは故障しないため。『走る姿の美しさ』にこだわる理由がわからん
  『女性だから』という理由だけで『きれい』『美しい』を押しつけるのはやめてくれ。」

 

  その2●自分の全身を毎日鏡で見る
   速いだけじゃなく、見た目もかっこよく! が鉄則。毎日自分の身体を見て、良いイメージを膨らませる。自分が「見たくない」身体は他人はもっと見たくない

  「見た目のかっこよさなんてどうでもええやん。
  私は『かっこいいランナー』やなく『強いランナー』になりたい。

 

  その3●仕事や家事を言い訳にしない
   言い訳ならいくらでも思いつく私たち。でもそれを理由にしないで、無駄を減らしてランニングタイムをうまくつくる

  「私は市民ランナー。走ることは趣味。義務で走ってるんやない。走りたいから走る。走れるならいくらでも走る。走れないときは走らない。それでええ。
走れない”言い訳”を考える人は走りたくないから。ならば走らなければ良い。走りたくないのに無理して走る意味がない。」

 

  出し惜しみするな!
  潜在能力を呼び覚ませ

  苦しい顔をしていて、一生懸命やっているようでも、女性の場合本当はもっと力が出せるんです。無意識に演技しているとでも言いましょうか、やはり女優ですからね(笑)。

  「誰がやねん」

  安定した走りができる分、力を出し惜しみします。自分がキツイと思ったさらにその上の練習をちょこっと入れるだけで眠っていた潜在能力が目を覚ますはずです。
・・・・・・・・今あなたが思う限界はまだ限界じゃない。練習なんですから、倒れるまでやってみましょう。

  「ほんまに高いレベルを目指してる人は、言われんでもそういう練習をやってる。こんな私でさえ、練習が過酷で夕食が食べれんかったことがある。
  キツイ練習なんてしたくない人はする必要ないんちゃう? そら楽な練習しかせんかったら記録もそれまで。でも楽しく走ってたらそれでええやん。」

 

 

(p21~) 粘れる身体が手に入る、究極の土台作り!
      「 ド カ 走 り 」

  <要約>・・とにかく長い時間走ることで、持久力、筋力、メンタルを鍛える。
  「長時間」の定義はないが、目安は6時間。 一度きりでは効果を体得できないので、週に一度のドカ走りを1ヵ月以上続けることが理想。
  山を走ると効果も高い。 秋のフルマラソンを目指すなら本格的な練習に入る前の5~8月が絶好のドカ走り実践期。

  「6時間!? 週に1回!? 1ヵ月以上!?」

  「そ~んなことやってたら家庭崩壊しまっせ!」

 

先月書いた記事、「『走る意味』シリーズ」 を読んで、イケメン?ジョガーさんがくださったコメントにこんな一文がありました。

 「走ることは大好きですが、大事なことを置いてけぼりにしてまですることではないと思います」

同感です。
私たちはアスリートではなく、市民ランナーですから。

 

 (参考) 走る意味・その1~「原点・生い立ち」 (3/23)

      走る意味・その2~「ランニングとの出会い」 (3/25)

      走る意味・その3(完結編)「私として生きる、走る」 (3/29)

人気ブログランキングへ ← こんなふくたままに応援のポチッとお願いねっ!

« リベンジは始まっている | トップページ | ふくちゃんがんばったで »

みきの心録(ココログ)」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

同感っ。

以前、某ランニング雑誌の編集者の人が書いてるブログに「ランナーはもっとウェアに気を配るべき。近所を走るときでも大会参加賞のTシャツなんて言語道断」みたいなこと書いてあって、イラっときました。
まあ、個人のブログは自分の思うことを書くところなのでイチャモンつける気はないので、スルーしましたが。

そりゃー、何日も洗濯してなくて近寄ると臭うとか、襟ぐりがヨレヨレとか、白のシャツなのに黄ばんでる・・とかだったら、「もうちょっとちゃんとしようよ・・・」ってのも分かるのですが、オシャレでなくても、自分が機能的と思う格好でプライベートな時間に趣味を楽しんでるのに、何で人にあれこれ言われなきゃならないの?っと不愉快でした。

私も走り始めて3年なので、ブームの本格的到来よりちょっと早く走り始めただけなので、えらそうなことはいえませんが、最近の「走ることはオシャレ。カッコイイ。」的な雰囲気は好きではないです。

まあ、裾野が広がったおかげでウェアが豊富になったのはいいことだと思いますけど。。。。

☆yu-sanさん

えっ そんなこと書いてあったんですか?
大会参加賞Tシャツのどこがいかんねん!
私なんか普段着に利用して、買い物や犬の散歩のときにも着てますよ(笑)

最近のランニングブームは別に悪くはないけど、本当に走ることが好きなランナーと、ただブームに乗ってるだけの人たちとの間にちょっと溝を感じます。

いろんな考え方があるだろうけど、ウエアがどうとか余計なお世話ですよね。
私は自分のスタイルを貫いていきたいと思います。

今回のお話はとても、とても、とて~も良い話でした(拍手)!!!
好きに走らせろ~~~(笑)run

☆未来さん

ご賛同ありがとうございます(*゚▽゚)ノ
私たちは自分自身のスタイルで自由に楽しく走りましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リベンジは始まっている | トップページ | ふくちゃんがんばったで »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー