フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 縛られるのは嫌! | トップページ | ふくたの反乱・ママの反乱 »

2009年3月 3日 (火)

涙の苦行・・篠山マラソン

レースで良い結果が出せないと、ついあれこれと言い訳を考えてしまいます。

日の丸を背負ってる選手じゃあるまいし、誰も自分のレースの結果などに期待もしていないのに、可笑しなことです。

しかし、今回の篠山マラソンの結果は言い訳なしでは語れません。

 

本当に散々なレースでした。

辛い辛いレースを走りながら、”走る意味”を考えました。

「なぜ走るのか?」

さて、答えは出たのでしょうか・・・・・・・・・・?

さて、まずここからは ≪言い訳コーナー≫ ですbleah

 

実は、レースの10日程前から胃腸の調子が悪くなり、だんだん腹痛・吐き気・下痢の症状が出始め酷くなり、まともにご飯も食べれない状態が続いていました。 
病院で診てもらうと、
  
 
「最近何か大きな精神的ダメージを受けるようなことありましたか?」
と聞かれました。
 
「はい、ありました。ありますあります。」
大きくうなずく私。 (←そんなふたつ返事で答えんでも・・・)
 
「ストレス性胃腸炎ですね。」
 
「あ~やっぱりそうですか。」

先月にも一度、同じような症状で数日間寝込みました。

いろいろあるんですわ。。。

 

フルのレース直前にこんな状態ではとても走るのは無理だろう・・・
棄権も考えました。

レース2日前頃からやっと症状も軽くなり、普通のご飯が食べられるようになりました。

 「よし、行くか!」

今回、足はどこにも故障がない。
幸運にも、ずーっとグズついていた近畿地方の天気は日曜日は晴れsunの予報です。

 

しかし、病み上がりで42kmも走るのはやはり無理がありました。
マラソンはそんなに甘くない。

 

 

では≪レース模様≫

 

当日。
会場へ向かうバスに揺られただけで、
もう胃がムカムカして吐きそうでした。
カーボローディングどころではない (ウグッ・・)

そんなこんなでレースは始まりました。

ちょっと胃もたれはしてるけど、足の状態は良い。
15kmあたりまでは順調に、5分30~40秒/kmペースを保っていました。

しかし。。。。。

きた。
胃のあたりに、刺すような痛みが。

なるべく内臓が上下に揺さぶられないよう、すり足走法で。
それでも痛い。 ますます痛くなってきた。
給水でドリンクを飲むだけでもキューッと胃が痛くなる。

ハーフ地点のタイム、2時間1分。
 
「あ~もうあかん。記録は捨てよう。」

そんな状態で記録を意識してたんかい?

実は、私にはライバル(?)が2人いるんです。
1人は、今回一緒に参加した京都ランナーズの会員でフル100回完走を目標にしておられる I さん
いつも私とほぼ同じくらいのタイムで競ってるので、レース前には必ず
 
「また途中で僕を抜かすんやろ」
 
「いえいえとんでもございません。どうぞどうぞお先に。ヘヘッ」 (腹黒な笑い)
などと言い合いながら、お互い意識しています。
でもレースが終わればお互いタイムのことなんて忘れてますがね。

もう1人は、パオパオさん
”ライバル”というか、勝手にライバル視されてるというか・・・?
真面目にきちんと練習されれば実力はパオパオさんのほうがずっと上のはずです。
でも、パオパオさんは練習せずに記録を出すことを目指しておられます。
なぜパオパオさんと私がライバル関係なのかは、パオパオだより をご覧ください。

そんなお2人に、「やっぱりレースに出るからには負けたくない」という気持ちもあって前半は頑張ったのですが、やっぱり今回はどう考えても無理そう。
どんどんペースは落ちていくのみ。

途中、何度もリタイアを考えました。
コース脇で待機中の収容バスの前で一度立ち止まって迷ったほどです。
しかし、レースで途中棄権した経験のない私にはどうもその勇気が持てない。

私は決して途中棄権することが悪いこととは思っていません。
何より健康が第一。
事故や予想外の急病・怪我などは仕方がないとして、なるべくなら救護のお世話にならないよう、周りに迷惑かけないほうが良いと思います。
時には棄権する勇気も必要。

でも、なぜだか止まれない。

 

腹痛に苦しみながら走っていると、沿道で地元の高校生のブラスバンド部が応援の演奏をしていました。
曲は、ZARDの 「負けないで」♪
とてもすばらしい演奏でしたが、私には遠くからの幻聴のように聞こえました。
そして、涙がこみ上げてきました。
感動の涙とは違うのです。
「痛い、痛い・・・」
辛いだけ、苦しいだけのレース。

  私は一体何をしてるんか?
  何のために走ってるんか?

泣きそうになるのをこらえると、息が詰まりそうになりました。

家庭の事情などを考えると、私はマラソンなんかやってる場合ではない。
今朝家を出る時も、息子が「行くな」とかなり不機嫌でした。
家族のブーイングを振り切り、お金を使って、ちっとも楽しくない辛いだけのマラソンを必死で走ることに何の意味があるのか?

 

話はちがいますが、
ついこの前、息子(今も不登校)が
 「学校に行くことって、何の意味があるん?」
と聞きました。
ここには書ききれませんが、学校に行く意味について息子と語り合いました。
息子は今春小学5年になります。
「学校は勉強するため」とか、そんな単純な答えを求めているわけではありません。

意味を深く考えれば考えるほど、哲学的になってきます。
簡単に答えは出ません。
語り合うことに意味があるのか。。。

では、”走る意味” は。。。。。

 

25kmからはしばらく往路復路のすれ違いコースになります。
いつもはここで知り合いのランナーに会うと声をかけ励まし合いながら走ります。
でも今回はそんな余裕もありません。
ずっと地面を見つめながら走りました。

30km近いところから、胃のあたりを何度もナイフで刺されるような鋭い痛みに耐え切れず、ついに歩いてしまいました。

しかし、スタート時には快晴だった天気もだんだん雲が広がってきて風も出てきて寒くなり始めました。
歩くと寒い。
体温温存のためには走るしかない。
でも走るとさらにお腹が痛い。
ちょこちょこ小股走りしたり、また歩いたり・・・
なんか気が遠くなりそうでした。

 「おおっ! がんばれよ!」
I さんがスーッと横から抜いていかれました。
やられた~~

そのあと、反対車線からパオパオさんの姿が。
 
「ヤバい!」 (何がヤバいねん)
見つかってしまった!
パオパオさん、早速カメラを構えて
 
「撮るでー!」
アチャ~ 情けない姿をしっかりカメラに収められてしまった~~
すでに遅れをとっているのもバレてしまった~~
何か励ましのお言葉をいただきましたが、頭がボーっとしていたので記憶に残ってません。(すみません)
でもお会いできただけで、元気もらいました。

 

あ~でもやっぱり辛い。
調子が良い時でも30km以降は結構キツい。
こんな状態ではもうキツいとかいうレベルではない。

痛い、痛い、寒い、寒い

  「これは修行じゃ。」

なんかどっかからそんな声が聞こえた気がしました。
なんと辛い修行なのでしょう。

歩いたり走ったりの残り約12kmは果てしなく長かった。。。。。

痛みと、寒さと、遠く果てしなく続くランナーの行列。

この先に一体何があるというのか???

 

途中何度か意識がどこかへ飛びそうな状態になりながら、なんとかゴールに辿り着きました。

4時間49分57秒でした。

完走メダル、もらいました。

感動も何もありません。

苦しみに耐え、ゴールした。 それだけです。

”走る意味” は何なのか、まだわかりません。

090303

 

当分レースには出たくありません。

しばらく休養します。

 

 修行終了証メダル? ⇒

 

人気ブログランキングへ ← 無事修行を終えたふくたままにご褒美のポチッとお願いします。

« 縛られるのは嫌! | トップページ | ふくたの反乱・ママの反乱 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

 ブログ「パオパオだより」がとどこおっていろ間に、先行されていまいましたねー。
 例の「みきさん」のヤバイ写真、今日載せる予定ですがよろしいでしょうか。
 私は、つらそうなみきさんの姿を見かけて、今までの「堅物ランナー」のイメージがちょっと変わりました。なにか、「いとおしい」というような感じ・・・。 (ひとの奥さんをこう表現すると、また問題が・・・)

 「なぜ走る」
 私の場合は、長時間物事をゆっくり考えられるから。雑念を払いリズムよく走ることによって、いろいろな考えがわいてきます。これで、あちこち痛くならへんかったら最高なんやけどね。

 そうそう、みきさんのおなかの方はだいじょうぶですか。これからも、勝手にライバル視させていただこうと思っていますので、よろしくお願いします。
 当分走りたくないみたいやけど、まあそう言わずに。いつかまた、いっしょに楽しく走りましょうよ。

つらい体調の中のフルマラソン完走、最後までよく投げ出さずに走りましたね。あきらめなかった自分を、ぜひほめてあげてください。

なぜわざわざこんなつらいことをしているのか…フルマラソンの終盤にはいつも考えます。

でも、僕の場合には、つらい思いをしたレースほど、記憶に残っています(って、つらくないフルのレースはこれまでなかったですが)。

今はゆっくり休んでください。

芽吹く春の暖かさに誘われて、ついふらふらと走り出したくなる気持がきっと蘇ってきますよ!

☆パオパオさん

あ~今回はパオパオさんに完敗ですcoldsweats02
実は、お腹の具合は悪かったけど足の状態は良かったので、案外走ってみたら調子良く行けるかな?、なんていう甘い気持ちもスタート前はあったんです。
パオパオさんに追い抜きざまに何て声かけようかな~なんてこと考えてたのがアカンかったワ。

「なぜ走るのか・・・
雑念を払い、物事をゆっくり考える」
やっぱりマラソンは”行”なんでしょうか。。。

私の”ヤバい”写真、使うからには何か面白いコメント期待してまっせー。
 
 
 
☆hoyohoyoさん

ありがとうございます。
ちょっとは自分をほめてあげたいと思います。

しかし、いつでもリタイアできるものをなぜ最後までやめなかったのか、自分でも分からず不思議です。
今はただ「辛かった」という感想しかありませんが、いつかは良い思い出になるのでしょうか。

しばらくゆっくり休んで、また「走りたい」という気持ちが湧き上がってきたら走り出すかもしれません。

私はこの間、一緒に暮らすことのできなくなった長男と会った後、寂しくて寂しくて何かこう「ズドーン」ってなりました。weep
で、次の日無性に走りたくて毎月マラニックを開いているくれるジョギフォトさんのとこに直接、車で向かいました。その日は佐賀県内を走る会でしたが心が解れていくのが手に取るように分かりました・・・。confident
私の走りはそんな感じですが、時々勘違いをして記録を狙ったりして楽しんでいます(笑)smile
私が国際云々と言うのは、あそこを走ってみたいだけです。東京マラソンに出たいのと感覚は一緒かもdown「夢」ですかね。「目標」にするにはまだまだかな・・・。

 みきさーん。ごめん。写真撮れてませんでした。
 カメラが古いせいか、時々これがあります。きちんとその場で確認しとかんとあかんね。
 そのおわびにもなりませんが・・・。
 みきさんの「ふくたままのRunRunLife」を、私のブログのリンク集に入れさせていただきました。まさか、「読んでもらわなくてもけっこう」とは言われませんよね。

 私の希望。
 「おいそがしいでしょうが、週に2回くらいは更新してほしいなあ。」(うーん、じれったい。)

☆未来さん

未来さんにとっては、どんな時もいつもそばにいてくれるものが”ランニング”なのかな?
きっと走ることが生きるエネルギーになるのでしょうね。

私は今回のレースはずっと痛みとの闘いだったので、走る意味が見つけられずに終わりました。
でもリタイアという選択をせず最後まで走り通したのは、自分でもよくわからないけど走り通さなければならない理由があったのだと思います。
「もう走りたくない」なんて言いながら、そのうちすぐまた走り出すと思います。

未来さんも、次に息子さんと会うとき笑顔で会えるよう、走り続けてくださいね。
 
 
 
 
☆パオパオさん

あらま、撮れてませんでしたか。残念!
でもいいんです、いいんです。
次どこかのレースでお会いした時、かっこよく快走しながら勝利のポーズでキメて見せますから。

私のブログリンクしていただいてありがとうございます。
こんなつまらないブログにそんなに期待を寄せていただいて恐縮です。
相変わらずじれったい更新ですが、なるべくご期待に添えるようがんばります!

完走おめでとうございます!
走る意味は何なんでしょうね?
でも人生と同じで分からないから面白いのかも・・・

今は苦しいだけのレースだったかもしれないけど、きっと今回のレースで完走出来たことは意味があると思います。
みきさんは今回のレースに無理しても参加して、その結果当分走りたくないって思ったかもしれないけど、それは後退ではなく前進したんだと思います。

突き進んで戻るのはそれは進むと同じと思うから。
何もしないで戻るのとは全然違いますし、きっとみきさんが色んな事を抱え込んで全力で走りすぎてるのを、もっとゆっくり焦らずに・・・って教えてくれたレースだったんじゃないかな?

☆naoさん

ありがとうございます。

そうですね。走る意味をいくら考えても答えはないのかもしれませんね。
人生と同じかも。

今回レースに出たことは無駄じゃなかったかも・・・
少しずつ、そう思えてきました。

しばらくゆっくり休んでリフレッシュして、それからまた焦らずゆっくり進もう!
naoさんのコメント読んで、そう思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 縛られるのは嫌! | トップページ | ふくたの反乱・ママの反乱 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー