フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 東京国際終幕 | トップページ | 秋の鴨川楽走日記 »

2008年11月27日 (木)

走る馬鹿につける薬はない

走らない人たちから見れば、走る人は皆、馬鹿に見えるだろう。

時々そんなことを思う。

そういえば、以前にもこんな記事を書いていた。

  ⇒ ランニングバカ (6/20)

 

私は子供の頃、「スポーツをやると頭が悪くなる」 という不可思議な理由で、親に体育系の部活の入部を禁じられていた。
大学でアーチェリー部に入部したのはそんな親への反抗心もあった。
実は中学時代からずっと陸上部への憧れはあったが願い叶わず、大学の陸上部ともなると中・高校からの経験者がほとんどで、未経験の私が入れる余地はないと思い、初心者が多いアーチェリー部に入った次第だ。
当時の大学の体育会はまるで軍隊のようなところだったが、親の猛反対に遭いながらも、大好きなスポーツができるだけで私にとっては天国のようなところだった。

そしてもう”オバサン”の年齢になって、やっと夢だった陸上の世界に身を置くことができた。

市民ランナーは自由だ。
好きなときに走りたいだけ走れる。
「○○大学○○部」 といった所属もないので、結果を求められることもない。
楽しく走ればそれで良い。
陸上部に入るより、このほうが幸せだったかな。

 

父は今も、私がなぜマラソンに夢中になるのか理解できないと言う。
 
「何のために走るんか?」
故障してテーピングぐるぐる巻きの足を見たりすると、
 
「なんでそこまでして走らなあかんねん。 アホちゃうか?」

 「アホで結構」
と答える私。

がしかし、「マラソンは健康に悪い」 というイメージを作ってしまうのは良くないな。
周りに心配かけないためにもやはり体調管理はしっかりやらねば、と思う。

 

走り始めたばかりの頃は、まだちゃんと走る足もできていないのに、とにかくがむしゃらに走っていた。
死に物狂いで走ると達成感がある。
「走ることがなぜ悪い?」 という苛立ちや、「見返してやる」 という執念のようなものもあったかもしれない。

しかし、苦しみながら必死で走ることは、単なる自己満足だとわかってきた。
同じランナーから見れば、必死で走っている姿はカッコよく見えるかもしれないが、走らない人から見ればただの馬鹿だ。

 

走る馬鹿につける薬はない。

 

何度が故障を繰り返し、ようやく走る自分を少しだけ冷静に客観的に見れるようになってきた。
膝の故障で一年半走れなかった間はさすがに辛かったが、おかげでいろいろ勉強できて良かった、と今だから思える。

マラソンを始めて約5年になるが、最初は 「自分ひとりで走れるもの」 と思っていたが、気が付けばたくさんのランナー仲間ができ、多くの人たちに支えられながら走っている。
マラソンは思っていた以上に楽しいスポーツだったのだ。

 

そう。 楽しくなければ走る意味がない。
市民ランナーは走ることが職業ではない。
それで苦しい顔してがむしゃらに頑張って、自分だけ満足して・・・
あっちが痛いこっちが痛いといって体調まで悪くしたり・・・
これでは周囲の人たちも走ることを理解してくれないだろう。

まず身近にいる家族は、自分が走ることをどう思っているだろう。
大切な家族を犠牲にしていないだろうか。

マラソンは公共の場所・公道を占有して行われるスポーツ。
その間、交通もストップする。
走ることに全く興味のない一般市民にも理解してもらうことが必要だ。
「皆さんのおかげでこんなに楽しく走らせてもらってます。ありがとう。」
という気持ちが必要ではないだろうか。

 

そんなことを思う今日この頃である。

04_banner ← 走る馬鹿ふくたままにポチッと応援お願いします。

« 東京国際終幕 | トップページ | 秋の鴨川楽走日記 »

みきの心録(ココログ)」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

 すばらしい。いいブログです。また、ポチッしときました。
 楽しく走り、またその走りで誰かを楽しませたり元気づけられたりできたら理想的ですよね。
 今度、どこかの大会でお会いできることを楽しみにしています。

私は夫から「変態」と言われています^^「マゾ」とも・・・^^
苦しいときもあるけど、やっぱり楽しいんですよね☆23日に100キロ走ってきましたが、初めてのことがたくさんあって、つらかったけど楽しい気持ちのほうが多かったです。
自分の近くの人には理解ってもらえなくても、これだけたくさんの人が走っているのですから「マニア」ではないですよね~(笑)^^

はじめまして。
武田レッグウェアーの坂本と申します。
弊社では、ランナーを応援する左右非対称のランニング専用ソックス「R×L SOCKS」をお試しいただく「ランニング&ウォーキングサポータークラブ」を発足いたしました。これまでに多くのウォーカー、ランナーの方にご好評をいただいております。ぜひこの機会にご参加・ご試着ください。

詳しくは「ランニング&ウォーキングサポータークラブ」のページを覧ください。
http://www.bigtoe-takeda.com/wsc/index.html
ランニングソックスはこちら。
http://www.bigtoe-takeda.com/category04.html
お問い合わせはsakamoto@bigtoe-takeda.comまでお願いいたします。
武田レッグウェアー
http://www.bigtoe-takeda.com/

☆パオパオさん

ありがとうございます。
つまらない独り言みたいなブログをちゃんと読んでくださって感謝です。
私もどこかの大会でパオパオさんとご一緒できるの楽しみにしています。

 

☆未来さん

「変態」「マゾ」・・う~ん、多くのランナーは(私も含め)そうかも・・・?
100km完走されたんですね。すごい!
おめでとうございます(^^♪
そんな過酷なレースを楽しんで走るには相当な努力の積み重ねが必要ですよね。 尊敬します。
変態と言われても、これからも楽しく走っていきましょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京国際終幕 | トップページ | 秋の鴨川楽走日記 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー