フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« どうした? Qちゃん | トップページ | 東京国際終幕 »

2008年11月 3日 (月)

達人に学ぶレースの楽しみ方~淀川市民マラソンにて

やっぱり ”晴れ女”の私。 昨日も快晴sunでした~

前々回(10/27)の記事にも書いたように、今回のレースはあくまで練習としての参加だったので、タイムもワースト記録でしたが、今まで出たレースの中で notes一番楽しいレース♪ になりました。

ワースト記録達成にも関わらずなぜそんなに楽しかったのか、今日はそのレース模様をご報告します。

 

私たち市民ランナーは走ることが仕事ではありません。
煩雑な日々の中で、ランニングのために割ける時間はとても貴重な時間。
だから、レースともなると、「悔いを残したくない」 との思いが勝り、例え思うように練習が積めなかったときでも、故障を抱えているときでも、「今ここで頑張らなければ!」 と、精一杯、時には死に物狂いで頑張ってしまいます。

でも毎回そんな走り方ばかりしていても辛くて苦しいばかりだし、思わぬ故障の悪化を招くこともあるし、頑張った割には大した結果も出せないし。。。

そんなこと、ありませんか? 

 ☆ 6人の”ヨドマラツアー”

今回は、「京都鴨川ゆっくりラン」 実行委員長のオオタさん、総務のヤタキさん、スタッフの若いイケメン男性3人の6人で一緒に参加しました。
私は数年前から毎回この「鴨川ラン」に参加してきて、今年から受付のお手伝いもさせてもらっているので、この度のマラソンツアーメンバーに加えていただきました。

大阪・淀川市民マラソンは淀川河川敷を枚方から十三まで往復するコース。
平坦で走りやすいですが、ほとんど景色に変化のない河川敷をひたすら走る単調なコースで、応援もほとんどありません。

 

 ☆ いよいよスタート

ヤタキさんは 「私はマイペースで行きますから」 と後ろの方からスタート。
残りの5人はかなり前列から一緒にスタート。
オオタさんが 「こっちこっち」 とスルスルッとうまいこと前列へ私達を引っ張ってくれたのです。
おかげでスタートロスはわずか数秒(笑)

若い衆のひとり、コウノさんは今回3時間30分切りが目標。
チョンさんチョウさん(日本人より日本語が丁寧な韓国人留学生)は初マラソン挑戦。
は持久走練習。 『最後までリラックスした走りを維持する』 が目標です。

オオタさんはコーチ役として、この4人をサポートしながら走ってくださいます。

 

5人一緒に固まって、最初はウォーミングアップのためゆっくり。

2km地点で、コウノさんが、オオタさんの「さあ行け!」の指示でペースアップ。
たちまち姿が見えなくなりました。

しばらく4人で快適ペースラン。

 

 ☆ おもろすぎ!

オオタさんは面白い。
走りながらいろんな人に声を掛ける。

沿道に散歩中の人がいると
 
「お~い、応援してくれ~」
 
「がんばってー」
 
「ありがとーっ!」

川で釣りをしている人を見かけると、
 
「よう釣れまっか~?」

数メートル前方を走る女性ランナーを見て、私に、
 
「おい、あの人Sさんに似てるな」
 
「あ、ほんまですね。 腕振りとか、Sさんにそっくりですね」
 
「お~い! Sさ~ん!!」
 
「ちゃいますって」
 
「呼んでみただけや」

ずっとこんな調子です。

 

 ☆ 腹痛ウッ 苦しいひとり旅

しかし、5kmあたりから、私は尿意をもよおし始め、草むらで用を足している男性ランナーを羨ましく思いながら、10km手前でやっと空いている仮設トイレへ駆け込みスッキリ。
そこでオオタさんたち3人と離れてしまいました。

100mぐらい先に3人の姿は見えていたけど、そこで無理に追い付こうとすると体にダメージを与えるだけ。
自分のペースで行きました。
さっきまで面白かったのに、ちょっと退屈。
ま、ひとり旅もそれなりに楽しいけどね。

 

ハーフ地点で、時計は1時間59分でした。
このままのペースでいけば、ぎりぎり4時間は切れます。

しかし、マラソンって正直なスポーツっていうか・・・
練習不足は如実に走りに影響が出ます。
まだ半分なのに、この疲労度。
このペースを最後まで維持するのは無理!
と、体が言い始めました。

やがて、ハーフ少し過ぎたあたりから、腹痛に襲われました。
最悪~~
腹痛に耐えながら、単調なコースをひた走るのは辛い。

しかしおかしなもの。
そういう辛い状況になると、なぜか ”「頑張らねば」モード” に入ってしまう。
時々お腹を擦ったり、深呼吸したりしながら、必死に走っていました。

 

 ☆ 今日の目標は?

しばらく行くと、オオタさんの姿が。
なかなか追いついてこない私を心配して待っていてくださったのです。
私の走る様子を見て

 「ペース落とせ!」

止められて、ハッとしました。

今日の私の目標は
 『最後までリラックスした走りを維持すること』
でした。
「必死で走ること」 ではありません。

 

そこからオオタさんと二人で、歩くようなスピードでゆっくりゆっくり行きました。
オオタさんと一緒だったはずのチョンさん、チョウさんはだいぶ先へ行かれたようです。

 「ゆっくりやで。 でも歩いたらあかんで。 練習にならへんから。」

かなりペースを落としたことで、腹痛も治まってきました。

 

 ☆ やっぱりおもろい( ^ω^ )

ここからはふたり旅になりました。
いろいろおしゃべりしながら楽しく超スロージョグです。

オオタさんは相変わらずな調子です。
なんせお顔の広い方なので、あちこちで知り合いランナーに遭遇。
そのたびに話が弾みます。

めずらしく、沿道で手を振って応援してくれる人が数人。
 
「がんばって~~」
 
「これでも必死でがんばってまんねん」
ほんまに必死やったらそんなしゃべってる余裕ありません。
声が元気過ぎです。

 

しばらく行くと、フラフラで歩いてるチョウさんに追い付きました。
 
「大丈夫ですか? かなり辛そうですね。
 
「ハァ~ もう アァ~ ☆∀÷×Δθ※
何を言ってはるのかよくわかりません。
こちらはホントにしゃべる余裕がないようです。

 「あんた、歩くの速いな。 わしら走ってんのに同じスピードやん」
 「そら、チョウさん、私らより足長いし」

チョウさん、笑ってはります。
良かった。 笑う余裕はあるようです。

しばらくはチョウさんに同行していましたが、かえってプレッシャーを与えるみたいな感じなので、チョウさんをひとり残し、私とオオタさんは少しだけペースアップしました。

35kmあたりで、
 
「そろそろヤタキチ(ヤタキさん)が来るはずや」

ヤタキさん、後方から追いついて来られました。
なかなかいい感じで、軽く走ってられます。
 
「ええぞ、その調子!」
 「全然あきません」
 
「いけるいける」

ヤタキさん、あかんと言いながらスーっと私たちを抜いていかれました。

 「ヤタキチはほっといても大丈夫そうや」
と、オオタさんはそのまま私に伴走を続けてくださいます。 

 

☆ えっ! 100人抜き!?

楽しくおしゃべりしながら走っていて、ふと時計を見ると、4時間18分。
私の初マラソンのときのタイムを超えていました。
ここからは未知の世界。
つまり過去最長時間、走っていることになります。

記録更新や~~!!

 

38kmあたりで、オオタさんと、
「キロ10秒ペースを上げたらどんなスピードになるか体感してみよう」
という話になり、オオタさんに付いて実際にやってみました。
 
「たった10秒上げただけで、こんなに違うもんなんですね」
 「違うやろ」

 「も少しあげたら、ゴールまでに100人抜けるで」
 
「えっ! 100人ですか?」
 
「やってみよか?」

冗談だと思っていたら、本当にオオタさん、ペースを少しだけ上げ始めました。

 「何人抜いたか数えてや」
 「はい」
 
「4時間49分59秒でゴールするしな」

オオタさんに並走して、抜いたランナーを数えながらペースアップ。

なんと、面白いほど、抜ける抜ける。

ずっと超スロージョグで力を貯めていたので、いくらでもスピード上げられます。

といってもそんなに上げてません。
今このあたりの集団は、5時間切れるかどうかというところ。
私たち二人は楽々ジョギングペースでビュンビュン他のランナーを追い抜けます。

 「おもしろいなあ」
 「おもしろいですね」

38~39kmの間で抜いた人数、25人。
てことは、ゴールまでにちょうど100人抜ける計算になる。

 「オオタさんすごい! 計算どおりですね」

 

ゴール地点付近で写真を撮っているスタッフ発見。

 「ちゃんとツーショットで撮ってやー」

そしてニコニコ笑顔でゴール!!
二人並んで。

と思ったら、アレ?
オオタさん、ゴール直前で一瞬足を止めてからゴール。

私の時計のゴールタイム、4時間49分57秒。

オオタさんは宣言タイムどおり(4時間49分59秒)でゴールされたのです。

オオタさんの頭の中ってコンピューターが内臓されてるんじゃないの?
って思うことあります。

ほんますごい!

そして、ラスト4kmで抜いたランナーの人数 116人sign03

 

いや~ おもしろかった~~

こんな楽しいレースは初めてでした。

 

 ☆ 勉強になりました

ちなみに3時間30分切り目標のコウノさんは、オオタさんの指示どおりに走って見事、3時間28分でゴールされました。

初マラソンのチョンさんは、4時間23分、と大健闘でした。

ヤタキさんは4時間32分。 だったかな?
次の福知山に向けて、良い感じで仕上がってられるようです。

チョウさんはフラフラで歩きながらもちゃんとゴールされました。(タイムは???)
あの状態でゴールされたのは偉いです。

 

ちなみのちなみに、

オオタさんは、フルマラソンを200回以上走っておられる大ベテラン。
ほとんどのレースは、今回のように頑張らず楽しく走っておられます。
でも、年に数回、本命の目標レースを決め、それだけは全身全霊で走られるのです。
60代に入り一度記録が落ちたそうですが、現在70歳近いお歳でまた記録を伸ばしておられます。
「故障しないこと」が一番の秘訣だとおっしゃいます。

学ぶべきことが多いです。

今回のレースも、一見ただのおちゃらけレースに見えますが、決してお遊びではありません。
練習レースと本命レースの違い、調子が良い時・悪い時の走り方、ペース配分、故障予防法・・・・
いろいろ勉強させていただきました。
そして、新しいレースの楽しみ方も教わりました。

とても充実した一日でした。

04_banner ← 長い記事、最後まで読んでいただき感謝です
 o(_ _)oペコッ
   ついでにポチッとお願いします。

« どうした? Qちゃん | トップページ | 東京国際終幕 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

その通りざます(笑)!!
私も今週末は58キロのマラニック、そして23日(祝)の100キロマラニックが待っていますが景色と走りを楽しもうと思っています。が、走り込みが祟りここに来て故障中。あはは、本番はこれで嫌でもゆっくり走れます。
お互い本業は主婦ですんで、楽しく走れたらいいですね^^

楽しんで走れるレースもいいですよね。僕はわりかし本命レースをしぼってそこに向けてトレーニングする、という感じなのですが、本当に楽しんで参加するレースというのも、また魅力がありますね。

☆未来さん

58キロとか100キロとか、私には未知の世界。
聞いただけで気が遠くなりそうだわ!
くれぐれも、故障が悪化しないようお気を付けて、
思いっきり楽しんできてくださいね。


☆hoyohoyoさん

私もレースでこういう走り方をしたのは初めての経験で、こんな楽しみ方もあるんだなってとても新鮮でした。
本命レース、楽しみレース、いろんな走り方をするのもマラソンの世界が広がって良いかなと思います。

 みきさん。知らん間に、腕あげましたねー。このブログには、感服しました。
 正直に言って、今までは「マジメすぎー」という感じ。今回は、肩の力が抜け、リラックスしたいい文章ですね。(って、ちょっと上から目線でしょうか。)
 今まで、「ポチッとしてください」にもなぜかちょっと抵抗があったのですが、今回はさせていただきました。
 これからも、さらに楽しいブログを期待します。

☆パオパオさん

おおっ! パオパオさんにお褒めの言葉をいただいたぞ!
これで私もブロガーとしての格が上がったってとこかな?
いや、まだまだ修行が足りませぬ。
パオパオさんのように、器の大きい、味のあるブログが書けるよう、これからも精進いたします。
師匠!

明日は大会です!
子供と親子で走ります。
大丈夫かな?
心配です。

☆ipodさん

親子で大会、いいですね。
どんな大会なのかな?
楽しんできてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どうした? Qちゃん | トップページ | 東京国際終幕 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー