フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 連動する身体 | トップページ | ノルマ地獄 »

2008年5月16日 (金)

犬と私の10の約束

今春、映画になった

「犬と私の10の約束」

絵本にもなったので、息子に買ってやりました。

080516_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「犬の十戒」 「虹の橋」 「虹の橋のたもとにて」

の3部作になっています。

 

この 「虹の橋 Rainbow Bridge」 は、
作者不明 [Author Unknown] のまま、
世界中のたくさんの動物サイトに伝わっている詩です。
原文は英語ですが、
古いネイティブ・アメリカンの伝承にもとづいているものと言われ、
(発祥はイギリスという説もあります)
欧米のサイトを通して広まっていったそうです。
詩の内容は、愛する動物たちと別れても、
天国の手前にあるという 「虹の橋」 で再会し、
一緒に 「虹の橋」 を渡って天国に行くという内容です。
そして、 「虹の橋」 のたもとでは、
愛されたことがない動物たちが、やはり愛を知らなかった人と出会って
共に 「虹の橋」 を一緒に渡っていくというお話です。

この 「虹の橋」 の詩に共感をもった
世界中の動物を愛する多くの人たちによって、
さまざまな言語に翻訳され、
インターネットを通じて世界中に伝えられています。

最後に、わが国では年間約65万頭(データによってその数は異なりますが)もの捨て犬や捨て猫が、
安楽死という 「処分」 をされている現実があります。

        ~ 本のあとがきより抜粋 ~

 

うちにもかわいい家族がいます。

       < 愛犬 ふうた >

070508_2

いつも当たり前のように
一緒にいるけれど、
この本を読むと
今この時間を
もっともっと
大事にしよう
って思います。

 

そして、いつか必ずやってくる別れのとき、
またこの本を読むと
その悲しみを静かに受け入れ、
今生かされているこの命を精一杯生きよう
って思えるかもしれません。

。。。。。

ふうたはいろんなことを教えてくれます。

04blog_2  ← ふうたにも応援のポチッとお願いねheart04

« 連動する身体 | トップページ | ノルマ地獄 »

みきの心録(ココログ)」カテゴリの記事

愛犬ふうた」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

死んだら、虹の橋のたもとで会おうと主人と約束しています(←アホ)

犬を飼うってステキです-か?
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

家族なのに
http://www13.plala.or.jp/namako/ehon.html

この2つもお勧めです。
『家族なのに』は号泣しました。
『犬を飼うってステキです-か?』も泣けます。
単に涙腺ゆる過ぎかも…coldsweats01


知っていたらゴメンなさい。

☆yukiさん

こんなサイトがあったんですね。
「犬を飼うって・・・」
うんうん、うなずきながら読みました。
「家族なのに」
これはホント泣けますね!
大事な家族ふうたをもっともっと大事にしようって思いました。

虹の橋のたもとでご主人と会う約束ですか。
きゃ~lovely
ごちそうさまです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連動する身体 | トップページ | ノルマ地獄 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー