フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ノルマという麻薬 | トップページ | 京都チャリティファンラン »

2008年5月26日 (月)

傾いてます!

さてさて、今日もふくたぱぱさんネタです。

近ごろ不調のふくたぱぱ。
とにかく体が重いらしい。
だいぶ前から 「左太腿が痛い」 と言っていた。

ある日ふと短パン姿のふくたぱぱの脚を見てびっくり!
ものすごい筋肉のつき方。
どう見ても短距離選手の脚。
とてもマラソンランナーの脚とは思えない。
元々筋肉が太かったけど、急激に筋肉量が倍増してる感じ。
そりゃあ重いはずだ~

しかも左右の太腿の太さが全然違う。
左が異常に太い。
どんな走り方したらそんな脚になるんだあああ eyesign03

で、一度、私がフォームを見てあげようということになった。
もちろん私のようなド初心者ランナーが他人のフォームチェックなどするのはおこがましいのだけど、自分では気付いてないことも他人が見たらわかることってあるだろうし、何かみつかるかも。。。

急に筋肉が太くなったのはおそらくスピード練習ばかりやり過ぎたからだと思うのだが、左右の太さが違うのはやはりフォームのバランスが悪いのでは・・・・・?

というわけで昨日、散歩がてらにちょこっと鴨川へ行き、軽くジョギングしてもらった。
私は後ろからフォームチェック。

ありゃりゃりゃりゃあああsign01sign01sign01

「傾いてるでーーーっ」

なるほど、そういうことやったんか。

つまり、図に表わすと、こんなふうになっているのだ。
      ↓   ↓   ↓

080525 

 

 

 後ろからみた図

 

 

 

 

 

 

 

 

左肩が上がっていて、左足が体の中心線近くにあり重心を支えている感じ。
なんか左側の見えない壁にもたれかかっているみたい。

この状態で走ったら左太腿が太くなるのも納得できる。

今までふくたぱぱが走ってるところを横から見ることが多かった。
背筋はピンと伸びてるからそんなに悪いフォームには見えなかった。
いつから傾いてたんだろう。。。
よく見ると、普通に歩いてるときも傾いているのだ。

私の指摘にふくたぱぱもショックを受けてるようだ。
「もう引退や~」
(冗談なんだか、本気なんだか。。。
 最近「引退」を口にすることが多い)

「そんなに気にせんでも大丈夫ちゃう?
傾いて走ってる人って結構いるし。
ほら、弘山晴美とかもそうやん」
  
← フォローになってる・・・??

 

でもこの傾きが原因で故障してたらあかんし、なんとかせんとなあ。

どうしたらええやろなあ。

整体に通って歪みを治してもらったらどうやろ?

う~~ん。。。。。。。

 

などとグダグダ言いながら、明確な答えは出ないのであった。

何かいい方法があれば教えてください。

04blog ← ふくたぱぱにも応援よろしくね。

« ノルマという麻薬 | トップページ | 京都チャリティファンラン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

ふくたパパさんの様子がなんとなくわかります。
私の場合、右肩がさがり、右の骨盤が右側に開き、右にかたよって走っていましたそのためか、痛めるのは右腰、はるのは左肩です。
この様子もまめちゃんに客観的に見てもらいビデオに撮って確認しました。
完全ではないですが、少しずつ修正をしています。

☆こまめさん

みんなそれぞれ走りのクセがあるんですね。
客観的に見てもらって初めてわかることって多いですね。
でもそれを修正するのってすごく難しいですよね。
自分で意識して気をつけて走るしかないのかなあ。。。

僕も走り始めた頃はかなり傾いていたみたいで、健康院で修正してもらい、今はかなりよくなっているようです(自分ではよくわからないけど)。整体でも一時は直っても、結局筋肉のバランスとか、柔軟性のバランスとかで元に戻ってしまうらしいので、継続して運動療法による治療が効果的みたいですよ。
スポーツのことに詳しい整形外科とか、接骨院とか探すのがいいみたいですが、いい人に出会えるか、難しいですよね。
僕も結構いろいろと当たってみて、ようやく今の健康院を見つけました。走り方の指導もそこで受けています。

追伸。僕の通っている健康院の院長先生にそれとなくきいてみたら、「多少なりとも左右差があるのは誰でもそうだから、故障がない限りはへたに治さないで、特徴を生かしたほうが良い場合もある」そうです。

☆hoyohoyoさん

アドバイスありがとうございます。

やはり整体だけでは持続的効果はないんですね。
継続的な運動療法、ですね。
でも「特徴を生かしたほうが良い場合もある」ということなので、それほど左右差に神経質になる必要もないのかな。
でもうちのぱぱさんは「太腿が痛い」といつも言ってるのでまずは治療しなくてはいけませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノルマという麻薬 | トップページ | 京都チャリティファンラン »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー