フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 篠山マラソン迷走記(後編) | トップページ | 故障がなければ・・・ »

2008年3月11日 (火)

北京五輪代表決定

☆ 期待の6選手 ☆

ついに北京五輪マラソン代表が決定しました。

 男子  尾方剛  佐藤敦之  大崎悟史 

 女子  野口みずき  土佐礼子  中村友梨香

 

男子も実績ある有力選手が揃いましたが、女子の顔ぶれが頼もしいですね。

野口選手は 「2大会連覇」 の歴史的快挙が期待できるし、土佐選手は過酷な条件になりそうな真夏の北京で持ち前の”粘り”で力を発揮してくれるだろうし、そして何といっても新星中村選手の活躍がとても楽しみです。

私は今回の名古屋国際で彼女のことを初めて知ったのですが、なんと素晴らしい走りをする選手なんだ!とすっかりファンになってしまいました。
すげぇカッコいいsign01
初マラソンなのに、強豪揃いのビッグレースを若さ溢れる力強い走りで制してしまいました。

レース中一時、彼女の先輩(天満屋)の坂本直子選手が前に出て仕掛けたときは 「またアテネと同じメンバーか?」 と思ったけれど、結果は前評判が良かった中村選手に白星がつきました。
こういう若くて新しい選手が世界で活躍するということは日本の陸上競技界の未来も少し明るくなってきたかな、と思います。

男子のほうも、メダル争いに加わることができるほどレベルアップするといいなあ。。。

 

▼ 窮地のQちゃん ▼

あまりこの話題には触れたくない気もするのですが、本当に残念としか言いようがありません。

9km手前から失速なんて誰も予想してなかっただろうし(もちろん本人も)、応援していた全国のQちゃんファンが悲鳴に近い叫びを上げたことでしょう。

昨年8月に極秘で右膝半月板の手術をし、調整が遅れ、本格的な練習開始は年明けからだったとか。
それに加え、中国昆明で合宿中にひどい下痢を起こしていたとのこと。
レース本番でも途中でトイレに駆け込んでいたところをみると、完全に体調が回復していなかったようですね。
レース直前のウォーミングアップでふくらはぎに異変を感じたと言っていましたが、専門家の分析によると 「下痢により体内の電解質が排出されてしまい、筋肉の動きが悪くなってしまったのではないか」 とのことです。

いろんな要因が重なったことが最悪の結果を生み出してしまったんですね。

・・・・・・・・

しかし、レース後の会見で
「やっちゃいました。 これが今の実力です。」
と、あっけらかんと笑顔で話す様子がテレビで映し出され、がっかりしたのは私だけでしょうか?

彼女は常に感謝の気持ちを忘れない人です。
いつも応援してくれるファンのために感謝の気持ちを持って走ってきたはずです。
今回もファンの人たちのため、『諦めなければ夢は叶う』 というメッセージを伝えるために走る、と言っていました。
しかしこのような結果になり、メッセージは伝わりませんでした。

応援してくれたファンに対して何かひと言なかったの?

(番組の編集でコメントがカットされたのか?)

神妙な顔してると周りに心配かけると思って努めて明るく振舞っているだけで、心中はとても深刻なんだろうけど、、、、、

常に大きな期待とプレッシャーを背負い、どんな状況においても結果を求められるアスリートは本当に大変だと思います。
でも、やはりアマチュアとは違い、プロは結果を出さなくてはなりません。
結果を出せなくて 「やっちゃいました」 では済まないと思います。
”チームQ”に数億円も出資しサポートしているファイテン側は今回の結果をどう思っているでしょうか。

私はQちゃんの大ファンなのです。
ずっと応援してきました。
彼女が不調で走れなかったとき、私も走れませんでした。
彼女の復活レースに勇気をもらい、私も復活しました。

今後のQちゃんがどうなるのか・・・心配です。

04blog ← ふくたままにも応援のポチッとね。

« 篠山マラソン迷走記(後編) | トップページ | 故障がなければ・・・ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

高橋尚子選手は、普通のランナーだったらまず「出ない」という選択をするぐらいの体調だったのかもしれませんね。
でも、それでも応援してくれる人がいるから「出たい」というのが彼女の選択だったのでしょう(あくまで推測ですが)。
手術した脚の方はよくなっているみたいですから、次の目標に向けて頑張って欲しいと思います。「夢」は何もオリンピックだけではないと思いますし。
まあ、僕ら市民ランナーもそれぞれの「夢」を追いかけて、挫折したり、当面の目標を達成したりしながら、日々前に向かっていくわけですから、レベルは違っていても、高橋選手が自分の「夢」に向かって前向きに走りつづける姿は、いつまでも見ていたいし、そこに彼女の魅力があるんだと思います。

ちなみに、中村選手はなんだか大物になりそうですね。楽しみです。

☆hoyohoyoさん

そうですね。他の選手なら「走らない」選択をしていたかも。
何せ注目度が高くファンが多い彼女だから、応援してくれる人たちのために精一杯頑張ったと思います。
私も一ファンとしてこれからも応援したいです。
でも、チームQ発足以来不調続きで、今後も今までどおりスタッフやスポンサーが高橋選手を支援してくれるのか、心配です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 篠山マラソン迷走記(後編) | トップページ | 故障がなければ・・・ »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー