フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 撃退=Э風邪 | トップページ | 宝塚ハーフマラソン »

2007年12月20日 (木)

ランナー達よ天狗になるな!

先日、私が日頃お世話になっている大先輩ランナーのOさんからこんなメールが届きました。

 

『 あ~あ、私の危惧していた事。
マラソンや駅伝で、道路を占有する事が必ずしも国民に受け入れられていないということ。
長くかかっても完走したい気持ちは理解できます。が、制限時間を6時間にしてください。

  ・・・・・ 中略 ・・・・・

石原都知事が大東京マラソンを発表したときは嬉しかった。 しかし、都民の大半は反発があり、反って悪影響が出るのを私は心配していました。
その結果ついに東京国際女子マラソンが2008年で終わることになりました。(男子は2007年に無くなる) 2009年から東京マラソンはひとつになります。

有頂天になったり驕りは国民の支持を得ません。 国民の理解や支持があって初めて物事がスムーズに運営される。
箱根駅伝も私が気になっているひとつです。

「走らせてもらっている」心が走る者全員に所有していればまた国民の見方も変わるでしょう。
必要は残り、不要は淘汰されていく。
営々と築き上げてきたものが一瞬にして消える

  ・・・・・ 中略 ・・・・・

最近、大阪国際女子マラソンの応援(観衆)が減ってきているのをご存知ですか?
行かない人達から聞いた言葉・・・
「走るのが当たり前(道路占有)、応援しても喜んでるだけ(有難いと思っていない)」
「出場できる、速くなって鼻が高くなってきた」
「ちやほやされて喜んでいる・・阿呆らしい・・テレビで横になって見てるほうが楽チン」

応援、10年前の半数になった。

私達は肝に銘じて走る、大会を運営する事が大切ですね。 』

                         以上

 

マラソンは他の競技と違って、専用の競技場というのがなく、公共の一般道路を占有することになるので、一般市民の理解や支持がなければ成り立たないスポーツですよね。
日頃の練習も、一般道や公園、河川敷などを利用させてもらってるわけです。
当たり前のように我が物顔で突っ走って、交通の邪魔をしたり、散歩中の人に迷惑をかけたりしていないか、ちょっと注意も必要ですね。

暑い時期の大会では給水が不足し、「水ないんか?、水!」 などとボランティアの給水係の人に怒鳴りつけるランナーもいるそうです。
充分な給水を用意していない運営側にも問題はあるでしょうけど、一生懸命働いているスタッフにそんな偉そうに怒鳴る資格があるのでしょうか?

私達ランナーは今一度、考えてみる必要がありますね。

記録を目指して走るランナー、健康のため、楽しんで走るジョガー、応援する人たち、大会を運営する人たち、走ることには興味のない人たち・・・・・

いろんな立場の人たちがいることを。。。

ランナーの方々、走らない方々、ご意見お待ちしております。

04blog ← ”ふくたままのRunRunLife”にもいつも応援ありがとうございます。今日もよろしくお願いします。

« 撃退=Э風邪 | トップページ | 宝塚ハーフマラソン »

みきの心録(ココログ)」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 撃退=Э風邪 | トップページ | 宝塚ハーフマラソン »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー