フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日 (月)

ひとり、雲ヶ畑へ

★雲ヶ畑の怪談

雲ヶ畑 といえばひと昔前まで、深泥池 とならび京都の怪奇スポットとして有名でした。

私が子供の頃、こんな話を聞きました。。。
雲ヶ畑の山道を走っていたタクシーの運転手さんから「人をはねてしまった」と連絡を受け、警察が現場へかけつけ辺りを捜索したがどこにも「はねられた人」はみつからなかったそうです。
実際あった話で、新聞にも載ったそうです。

怖~~~

 

★雲ヶ畑へ LSD

ちょっと怖い話で涼しくなったところで本題へ。

今日のトレーニングはLSDです。
危ない薬の話ではありません。 Long Slow Distance の略です。
某ランニングクラブでも(ってバレバレやん)LSD練習会はあるけれど、あれはLSDではない!
LSDの本来の正しい意味と目的を理解していない人たちと一緒に走るのは嫌なので、私はひとりで走ります。
LSDは競争ではありません。 ・・・ この話を始めると長くなりそうなのでまたの機会に。

 

★33km 快走!

今日は
33km走りました。
自宅 ⇒ 鴨川御池大橋 ⇒ 上賀茂 ⇒ 雲ヶ畑・出合橋 でUターン の往復です。


故障でずっと走れなかったので、こんなに長い距離を走ったのは一年半ぶり。 去年3月の篠山マラソン以来です。
また膝の痛みが出ないかちょっと不安もあったけど、全然大丈夫で良かったです。
しかも日頃、気温35℃前後の猛暑の中でトレーニングしてるので、今日は曇り空で少し気温が低く、かなり楽に感じました。

鴨川河川敷からだんだん山道へ入るとひと気がなくなり、急に静寂が訪れます。
聞こえるのは、川のせせらぎとセミの声。
えっ、まだセミいたんかい? ミーンミーンとにぎやかに。 「夏」です。

途中、「死亡事故現場」 の立看板が・・・ 怖い話はもうええって。

ひたすら続くカーブと坂道を、たったひとりでスタスタ走る。 なんかとっても気持ちいい~

山はとっても静かで涼しい。

途中、数名のランナーと、バイク(自転車)の人とすれ違いました。
見知らぬ同士なのに挨拶してくれた人がいて、嬉しかったです。

鴨川へ戻ってきて、28km辺りから急に辛くなってきました。
足が重い。 やっぱり久しぶりの長距離はきつい!
終盤は、「あと5キロ」 「あと4キロ」 ・・・ と頭の中で連呼しながら走ってました。

なんとか33km制覇。 約3時間半かけて走りました。
ゆっくりだけど、最後までペースは落ちませんでした。
一番大事なのは、フォームを崩さないよう意識すること。
これぞ 「LSD」 なのだ。
今日はいい練習できたなあ☆☆☆

買ったどお~~~!

070924seiko

SEIKO  SUPER RUNNERS 

  ソーラー電波式、ストップウォッチ機能、ラップメモリー機能(150ch)、アラーム機能、ワールドタイム機能、フルオートカレンダー機能、10気圧防水

こんなの待ってたんだー★

実は今まで夫のランニングウォッチを借りていたのだ。 やっとマイウォッチをゲットしたぞ! 気分は一流ランナーです。

2007年9月20日 (木)

虹~『マラソン』より

今日放送されたTBSドラマ 『マラソン』

韓国の実話をもとにした映画『マラソン』の日本版です。

自閉症の青年がフルマラソンでサブスリー(3時間切り)を達成するまでの感動物語です。

基本的にドラマや映画などはあまり観ない私ですが、実話というのに惹かれ、しかも「マラソン」なので、食い入るように観てしまいました。

主人公彰太郎の純粋さ、マラソンに対するひたむきさに心打たれると同時に、いつの間にか穢れてしまっている自分自身の心が少し見えてきて、もう一度、「マラソンやりたい」って思い始めたときの素直な気持ちに戻りたいと思いました。

私はあるきっかけから自閉症について少し勉強したことがあります。
自閉症の人は、周りから見れば融通がきかないし、気持ちを理解し合うことが難しいですが、裏表がなく、とても純粋です。
そして気付かれないことも多いのですが、素晴らしい力、才能を秘めていたりします。


彼の持っている力を信じそれを輝かせた母親も素敵ですし、よき理解者であるコーチに出会えたことも幸せだったと思います。
最後には、心が折れかけた母親を逆に励まし、教えられたことを忠実に守り、虹に向かって全力でゴールして周囲の人々に勇気と感動を与えてくれました。

私にも「虹」があります。
まだまだとても遠いです。
ときどき見えなくなって、心が折れそうになります。
  「なんでこんなしんどいことやってるんだろう」
  「もう嫌、やめたい」
て思ったります。

   折れない心は 負けない気持ち

      迷ったときは 前を向け

           そう言ってましたね。。。

なぜ私は走るのか・・・・・ またいつか記事にしてみたいと思います。

2007年9月17日 (月)

ラッキー?

世界柔道 谷 亮子 選手 優勝!

「 ママ でも 」 有言実行ですね~

ふくたままもがんばるぞ!

昨日は諸事情により、鴨川のマラソン練習会は欠席しました。
そして、気晴らしに 宝ヶ池 へ家族でお散歩に行きました。
もちろん、愛犬ふうたも一緒です。

070916_12 070916_13

ふうたと遊びながら、池の周りを颯爽とジョギングする男性にふと目をやると、

おおっ!

なんと、陸上短距離の 朝原 宣治 選手 ではありませんか!!

あんなゴツい体で、なんであんなに軽く走れるんだろう。。。
背筋がスッと伸びて、腰の位置が高い!
う~~ん、かっこいいねえ~。
世界の舞台で活躍するアスリートの走りをこんなに間近で見られるなんて、

感激ーっ!  超ラッキー!

070916_14

↑ 暗雲立ち込める宝ヶ池

そのあと、黒い雲が瞬く間に空を覆い、どしゃぶりの雨。
家族3人+1匹、みんなズブ濡れになりました。

ラッキーなんだか、アンラッキーなんだか・・・

昨日の朝原さんの走りにパワーをもらって、
今日はふくたままは 20km 走りました。

鴨川河川敷を御池大橋から北上、上賀茂から少し山道を入り、京都産業大学グラウンド裏の学生寮のあたりで折り返し、往復。

空は入道雲がソフトクリームのように盛り上がっていて、まだ夏という感じですが、上賀茂地域では田んぼの稲穂が黄金色に輝き、コスモスが風に揺れ、秋を感じました。

しかし陽射しはギラギラと暑い。
くっきりとランシャツの形に日焼けしてしまいました。
これで銭湯にでも行ったら、服のまま入ってると間違われそうです(>0
<)!

2007年9月15日 (土)

パワーアップ!

昨日の記事 『不安。。。』 を読んで、コメントくださった方、直接お言葉くださった方、ありがとうございます。 

今すぐ問題が解決するわけではなくとも、みなさんの温かい声援だけで少し元気になれた気がします。

文才もないし、ほんとに拙いブログですが、このブログを始めてよかった~と思いました。

そして、普段とっても明るく元気に見えている人でも、人知れずいろんな悩みを抱えていたり、体調が優れなかったり、そんな人たちがたくさんいるんだなあって改めて思いました。
私だけじゃないんだよね。 というか悩みなんて何一つないという人のほうが珍しいのかもしれないけど。

今日も体調は絶好調ではなかったのですが、久しぶりにちょっと長めのジョグをしてきました。

家から鴨川河川敷へ出て、御池大橋⇔上賀茂MK の往復コース。 全16km。

家を出たときはうす曇だったのに、鴨川へ着いた頃には太陽が顔を出しいっきに気温上昇。 鴨川は全く日陰がないので暑い暑い。

途中何度か引き返そうかと思ったが、一度決めた目標を断念するとその日一日はずっと気分が晴れない。 目標を達成してこそ暗雲から脱却できることは経験済みなので、とにかく今日は16kmは走り通そうと心に決める。

MKに着いて、自販機で給水。 いつもここで決まって飲んでいたニルギリ茶葉のレモンティーがなくなっていた。 ちょっとがっかり。
スポーツドリンクも悪くはないが、甘すぎて後味が残るのが嫌なものもある。 ランニング中はレモンティーが一番おいしいのだ。
そういえば、シドニー五輪のとき、山口衛里選手のスペシャルドリンクは紅茶にレモンと砂糖を少量入れたものだったらしい。

とりあえずスポーツドリンクで給水。 復路は下りになるからちょっと楽。 おまけに今日は南風で、帰りは向かい風になって体感温度が下がり、かなり楽に走れる。

家に到着。 1時間47分。
復路は好調だったけど、前半でかなり時間がかかってしまった。 でも後半でペースダウンするよりはいい練習になったんじゃないかな。

何より今日の目標を制覇できたので、一日を気分良く過ごせました。
やっぱり私には走ることが一番の活力剤であり、良薬なのかな。

疲れた体をパワーアップさせるため、きょうの夕食は焼肉食べ放題に決定!!

070915

焼肉のあとはやっぱりサッパリ系のものを。。。

070915_2 パパ・・マンゴーフラペチーノ

ふくた・・キッズアップルジュース

ママ・・ブラックベリー抹茶クリームフラペチーノ

 

みんなパワーアップできたかな?

2007年9月14日 (金)

不安。。。

1週間ぶりの更新です。 ふくたままはちょっとくたばってました。

はっきりとした原因はわからないのですが、何だかしんどくて何をする気力も湧かなくて・・・まあいろいろと心労が重なっているせいだとは思うのですが・・・

何も悩みなどないようにみえても、いろいろあるのです。 話が重くなりすぎるのでブログで公表はしませんが。

それでもランニングはなんとか続けてます。 ぼちぼちですけどね。

不思議なことに、どんなに疲れていても、「もう一歩も歩けない」ぐらいの状態でも、「さ、走るぞ!」とひとつ気合を入れれば走れるのです。 

前にも書きましたが、やはりマラソンは精神のスポーツですね。 体がボロボロになっていても、気力だけで走れるのですから。
だから気を付けないといけないのは、原因不明の体調不良のとき、精神状態が弱っているせいなのか、体のどこかに異常があるのかわからないので、「さ、行くぞ」っと気合を入れるといくらでも頑張れてしまうことです。
精神的な問題なら、それで回復に向かうこともあるのですが、身体的な問題に気づかず、自分の心の弱さだと思い込み無理をして悪化させてしまうこともあります。

と、書いている私自身がその不安があるので、一度健康診断を受けに行こうかなと思ってます。 

健康には人一倍気を遣ってるつもりの私が、「立ちくらみは鉄分不足のせいですねえ」なんてもし言われたらショックだなあ。。というか恥ずかしいなあ。
毎日の食事はかなり栄養のバランスをよく考えて作ってるつもりなんだけどな。

明後日は鴨川でマラソンの練習会に参加する予定です。 体調が良ければ。

その様子はまた後日報告します。

2007年9月 7日 (金)

爆発力

人間はここぞというとき、信じられないようなすごい力を発揮することができる生き物らしい。

ある日、いつもよりちょっと長めのジョグをしていて、疲労困憊状態になり、ふらふらと足を引きずりながら家路に向かって走っていたときのこと。
リードを付けず散歩していたちょっと気の強そうな犬が、すれ違い様に私のほうを振り返り、急にガウwwとこっちに向かって走ってきた。

私はびっくりして反射的に急加速、そのまま数十メートルダッシュした。
どこにそんな余力が残っていたのだろうか・・・
眠っていた底力?

父に聞いた話。
父がまだうんと若かった頃、家が火事になった。
とにかく家財道具だけは守ろうと、必死で荷物を外へ運び出した。
そしてなんと冷蔵庫まで・・(家が商売をしていたので、業務用のかなり大きいやつ) を、ひとりで抱えて運び出したのだそうだ。

まさしく 「火事場の馬鹿力」 だ。

さて、2年前の福知山マラソン。
35kmあたりまでは 「このペースを保てれば、なんとか4時間切れるかな」 と思いながら走っていた。 しかしその後、知らず知らずペースは落ち始めていた。
そして38km。 ガクンと足にブレーキがかかった。 急に自分の体重が倍ぐらい重くなった。 気持ちは走っているのに、体が走っていない。 ガス欠だ。
「4時間切るぞ」⇒「4時間切りたい」⇒「無理かも」。。。
必死でもがく気持ちと裏腹に、足は進まない。 ゴール前の上り坂で撃沈。
結果、4時間7分。 サブフォーならず。

底力、発揮できず。

マラソンの38kmの壁の克服が私の課題だ。 ホノルルでも、篠山でも、やはり同じぐらいの地点で私は撃沈している。

38km地点で、気の荒い犬に追っかけられたらペースダウンせず走れるだろうか。
犬ぐらいではあまり効果は期待できないな。
刃物を持った男にでも追っかけられたら、死に物狂いで走るかも。

ここぞ!という底力。 爆発力 とでもいうべきか。

この力は、身に危険が迫っているとき、どうしても今の状況から脱しなければならないときなど、かなり追い込まれた状況で発揮されるようだ。

私はまだまだ自分を追い込んでいないということか。

「爆発力」 は、普段は眠っていて使われることはない。 しかし、日常の鍛錬の中で少しずつ貯蔵庫に貯められているのだろう。
そしていざという正念場で爆発する。
そのとき、何かの起爆剤が必要となる。
それは、危機感であったり、執念であったり、悔しさであったりする。

悔しさ・・・ いろいろあったなあ。。。 忘れるなよ。
今は力を貯める時期。
そして、ここぞという正念場で、いっきに爆発させるのだ!
がんばれ!! ふくたまま。

《お気に入りドリンク》

070801 ソーピード
(低GIスポーツ飲料)

低GI=糖質の吸収がゆっくり
なので、脂肪の燃焼を妨げることなく、水分・エネルギー補給できるそうです。

後味もさっぱりしていて飲みやすいです。

(追)私はYakultの回し者ではありません。

 

《お気に入りアイス》

070808 カロリーコントロールアイス

1カップわずか80kcal.

ダイエット中でも安心して食べれます。 豆腐を使ってるんですって。 甘さ控えめでさっぱりしていておいしいです。

(追)私はglicoの回し者でもありません。

 

2007年9月 2日 (日)

「走った距離は裏切らない」

世界陸上女子マラソン 土佐礼子選手 銅メダル!

世界陸上最終日は土佐選手が銅メダルで締めくくってくれましたね。

不振が続く日本人選手たちの中で、最後に華を飾ったトリノ五輪の荒川静香選手を思い出しました。

土佐選手は物静かで穏やかな雰囲気がありますが、直前の怪我も克服し、絶対メダルを獲る!という強い思いを実らせた芯の強さ、人間としても素敵な人だと思います。

見事オリンピックの切符を手にして、あとは北京に向けてまっしぐらですね。 土佐選手頑張れ!

と、さもマラソン観戦していたかのようなコメントを書きましたが、今日は私は外出していてマラソン見れませんでした。 録画セットしとくの忘れてた~~

どこへ出かけていたかというと、私も選手として走っていたのです。 世界陸上で・・・なわけないやろっ。 

今日は嵐山・桂川沿いで、京都ランニング連合会駅伝大会 があったのです。

我が京都ランナーズは、4人1チームで 4チーム(男子A、B  女子A、B)編成で出場しました。

070902_7  京都ランナーズ陣営
   
(嵐山東公園)

この大会は、記録・順位を争うというよりは、「みんなで和気藹々と楽しく走りましょう」という雰囲気です。

 

 

070902_8 ← スタート直前

それでもスタート前はみんな気合が入り、緊張感も漂っています。

 

 

距離は男子4.5km(2区は3km)、女子3km。 桂川の河川敷コースです。

ゆっくり走れば自然いっぱいの嵐山の景色を楽しめるとても良いコースなのですが・・・駅伝ではゆっくり景色を楽しむ余裕はないですね。

070902_9 ← 駅伝コース
 
(スタート/ゴール地点付近)

私はBチーム2区を走りました。

しかし、たった3km、されど3km。 もうしんどいのなんのって。 息は上がるし、脚は重いし・・・ 故障明け復帰後間もないとはいえ、自分のあまりの不甲斐なさに愕然としました。 Bチームのみなさんごめんなさい。
でもね、1人だけ抜いたんですよ。 私が速かったんじゃなくて、前の選手が前半飛ばしすぎたのか、後半ペースダウンしてくれたので。

野口みずきが 「走った距離は裏切らない」 と言ってましたが、今日はそれを痛感しました。 もちろん逆の意味でね。
  走った分だけ力になる ⇔ 走らなければ力はつかない 
つうことですな。 ちなみに私の8月の月間走行距離は78kmです。 テヘヘ。。。 

女子Aチームは見事 3位入賞! おめでとう!!

私も早く調子を戻してこれからもっと練習量増やして、チームを引っ張っていけるぐらいになれるよう頑張ります!

~今日はあまり臨場感のない写真ばかりですみません。 久しぶりに会ったランナーズのみなさんとのおしゃべりが弾みすぎて、途中から写真撮ることすっかり忘れてました~

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー