フォト

うちの子たち

  • Img_3096

    ★長男 ふくた 1998.8.3生      控えめで恥ずかしがり。しかし探究心は旺盛。冷静な目と鋭いツッコミ技の武器を持っている。                ★次男 ふうた 2006.10.11生     トイプードル×パグMIX。人間も犬も大好き。わんぱくで社交家。

ふくた よろしく!

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 夕涼みビアパーティー | トップページ | 「走った距離は裏切らない」 »

2007年8月30日 (木)

煙害の恐怖と怒り

この世から消えてなくなってほしいもの。。。

戦争、紛争、核兵器、化学兵器、地雷、独裁者、暴力、いじめ、虐待、排気ガス、たばこ・・・

たばこ・・・

こいつは私にとって恐ろしい凶器なのだ。

私、かなり怒ってます。

先日、ある通りを自転車で走っていると、向こうから自転車に乗った若い女が片手にたばこを吹かしながら走ってきて、すれ違いざまにポイッと吸殻を投げ捨てて去って行った。

思わずUターンして呼びとめ文句を言おうかと思ったが、ああいう類の奴らは人間の皮を被った別の生き物だ。 文句を言ってみたところで、反省して吸殻を拾ったりはしないだろうし、下手すれば逆にこっちが危害を加えられるかもしれない。

と、諦めてしまう自分にもちょっとイラつくが・・・

うちの家の玄関の前にはいつも吸殻が散らばっている。 いくら片付けてもイタチゴッコできりがない。 すぐ近くに24timeの駐車場があるので、運転手が乗車前にうちの前に吸殻を捨てて行くらしい。

もう嫌だ。 何とかしてくれ。 私は火の消えた吸殻の臭いを嗅いだだけで頭痛がして気分が悪くなるのだ。

 

前にも少し書いたが、私は喘息の持病がある。

大学卒業後、就職した会社は、社員の大半が喫煙者だった。 私は吸わない。 その頃は、今のように分煙・禁煙化が定着していなかったため、みんな当たり前のように仕事中プカプカ吸いまくり、室内は常に濃い煙に包まれ、窓ガラスはヤニで黄色い染みがこびりついていた。

最初の頃は、私は特にそのことを気にもしていなかった。 ただ、「こんなに毎日大量の煙吸ってたら体に悪いやろね」 と、非喫煙者の同僚と話していた。

就職して4年目ぐらいから、しつこく咳が出るようになった。 風邪かと思って風邪薬を飲むが全く効かない。 近くの医院で診てもらうが、原因がわからない。 数ヵ月後、だんだんひどくなっていき、もう息が苦しくて辛くて、仕事も手につかなくなってきた。

夜中、寝ているときに激しい咳が出始め止まらない。 息が吸えない。 苦しい! このまま死んでしまうかも!

ついに入院。 しばらくの療養生活で症状は改善。

そして職場に復帰すると、症状が悪化しまた激しい咳の発作。 何度も死ぬ思いをした。

結局2ヶ月間の休職期間内に完治できず、その会社を辞めざるをえなかった。 在職期間4年半だった。

完治できるわけがない。 あとでわかったのだが、原因はたばこによるアレルギー性喘息だった。

長い間たばこの副流煙にさらされた体に免疫機能がはたらき、何かの原因で免疫細胞が悪玉化し、自らの体を蝕み激しい発作を起こさせていたのだった。

私はたばこは一切吸わない。 私の意志とは関係なく、無理やりたばこを吸わされたのだ。

私は愛煙家の人たちに対して、「たばこは健康に良くないからやめたほうがいいですよ」 などという気は毛頭ない。 そんなこと承知の上で吸ってるのだろうから、思う存分好きなだけ吸えばいい。 そして病気になって早く死ねばいい。

ただし、健康に生活したい人間を巻き添えにするな!

おまえらに、非喫煙者に無理やり副流煙を吸わせ病気にさせる権利もないし、職場から追い出す権利もない!

私は今もこの持病に苦しんでいるのだ。

誰かがたばこを吸って煙がこちらへ流れてくると咳が出て、一度出始めるとなかなか止まらない。 風邪をひいたりちょっとした刺激にも気管支が反応し炎症を起こし、発作が出ると1~2ヶ月は日常生活さえままならず、ほぼ寝たきり状態となる。

それでも発作の出ていないときに、ランニングしたり、体を鍛えて強くなる努力をしている。

「いつも元気やねえ」って言われるけど、発作で寝込んで苦しんでいる私を知っているのは家族だけだ。

そんな私の目の前でたばこの吸殻をポイッとやられると、むちゃくちゃムカつくんや。

なんでおまえらが捨てていった吸殻を、たばこアレルギーの私が片付けないかんねん!

自分で持ち帰れ!

ボランティアの人たちが一生懸命吸殻やごみを拾ってる姿を見て何とも思わんのか?

たばこ吸うときは、周りの人に「吸ってもいいですか」てひとこと聞きなされ。

それが最低限のマナーっちゅうもんや。

例え「自分はマナーを守れている」と思って吸っていても、気づかぬところで迷惑している人間がいることも知っておけ。

他人に迷惑かけずにたばこを吸うことができんのやったら

たばこ吸うな!!

« 夕涼みビアパーティー | トップページ | 「走った距離は裏切らない」 »

みきの心録(ココログ)」カテゴリの記事

コメント

同じ意見です。
私も勤め始めてから、咳が出るようになりました。
咳型喘息なので、みきさんほどは酷くないけど、夜中の発作は辛いですよね(;_;)
家にいる限り、タバコの害はないのですが、あのまま勤めていたら、毎日毎日複流煙を吸い続けて、本格的な喘息になっていたかも…と思ってしまいました。


家の前に捨てられるタバコ、お店の人に言って、掃除して貰う事は出来ないかな?
チェーン店とかだったら、直接会社のトップに言ってみるのはどうでしょう。
散歩途中でもタバコの吸殻が落ちているので、ワンコが食べてしまわないか、ヒヤヒヤします。

また咳の季節になってくるんですよね…。
もう喉が、むず痒いです(>_<)

☆yukiさん

書いてるうちにだんだん怒りが増してきて、なんだか毒々しい記事になってしまいました。

喘息の発作は夜中に起こりやすいし、他人にはなかなか辛さがわかってもらえないですよね。
季節の変わり目は特に要注意ですね。
yukiさんもお大事にね。

そうですねえ。 たばこの掃除、会社に言ってみます。 ご意見ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436483/7742768

この記事へのトラックバック一覧です: 煙害の恐怖と怒り:

« 夕涼みビアパーティー | トップページ | 「走った距離は裏切らない」 »

人気blogランキング

  • ↓ 1日1回クリックしてね
    人気ブログランキングへ

がんばれ!寛平ちゃん

KANPEI EARTH Marathon

  • ↓ 間寛平EARTH Marathon応援ブログ
    アースマラソン応援バナー